FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

それなら染めない方が・・・

パーマでご来店のお客様。

染めは自分で・・・

PB0700qqqqq41.jpg

写真では光の加減で青っぽく見えるけど
実際に見るとであります。

これね、以前に
『昆布のエキスが入って自然に染まるトリートメントなんちゃら』
の記事の時に書いたんだけど、もう一度・・・

僕らの目に入ってきて認識してる色は
三原色で成り立っております。

その三原色には2種類ありまして
『光の三原色』『色の三原色』であります。

どちらも3つの原色でいろんな色を作り出してる。

の三原色は、赤・緑・青でありまして
テレビ画面やパソコンのモニター、電飾看板やライトなど
そのもの自身が発光しているものは光の三原色で色で作られております。

そして、髪が緑に見えるのは色の三原色であります。
光の三原色と違い赤・黄・青で色を作っておるんですわ。

髪を染める薬の色も三原色を組み合わせて、様々なブラウンを作り出してるんだけど
染料の原料の中で赤が1番粒が小さいらしく、髪から出てきやすい。

三原色の中の赤が無くなると、青と黄が残るでしょ。
青と黄を混ぜると何色になる?

そう!緑であります。

原因は?

僕の勝手な妄想なんだけど、
1液と2液を混ぜてからの塗布時間のかかり過ぎ。
それと、不完全な後処理。

が、ほとんどではないかと考えております。

お肌ツルツル温泉で顔もツルツルになろうと思って
アルカリ温泉水を頭からかぶってもなるけど・・・

染めって、難しいし危険なんだよね~
お洒落の為に染めるんだから、やっぱ美容室で・・・

『自然に染まるトリートメントなんちゃら』は論外です。
スポンサーサイト



  1. 2019/11/12(火) 07:00:00|
  2. カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビの中と外の自分

昨日の記事で、カラーについて熱弁してしまいましたが
最近、グレイヘアの相談が多いんだすわ~

流行語にノミネートだけで終わらないんだべか?

女優の手塚理美 さんも始めたんでしょ・・・

ijjjjjmg_1_m.jpg


このね、グレイヘアのキーワードは
『素敵』

白髪なのに、素敵でお洒落に見えるし・・・
染めるの面倒になってきたし・・・


私もぉ~っ!

と思うらしい。

前にも言ったんだけどさぁ~
テレビの中の芸能人とテレビの外の自分をいっしょしちゃ ダメダメ✖

グレイヘアで素敵に見える人達の共通点は
白髪なのに肌が若い!
髪と肌との見た目のギャップが明らか!


さぁ、鏡を見てみよう!

髪が白髪で、生活感のあるシワだらけじゃないかぁ~
そりゃぁ、普通のおばあちゃんだ・・・

『染めない選択』は、悪いことではない。
『本当の自分』に戻るだけなんだからねぇ。
周りからとやかく言われる筋合いもないし・・・

みっともないのは、染めたり染めなかったりして
まだら模様になっちゃってること。
それなら、染まない方がいい。

そして頭に入れておかなきゃダメなのが
見た目が老けるだけじゃなく
白髪は光を通しやすいから、薄毛に見えるぞぉ~
地肌に光が届いちゃうんだなぁ。
だから、ボリュームが欲しくなって
今までパーマをかけてなかったのに
パーマをかけるようになっちゃりして・・・

それとね、努力して『素敵なグレイヘア』になったとしても・・・
それを評価してくれるのは女性だけ!
男からは『白髪のおばさん』にしか見えないぞぉ~
  1. 2019/03/07(木) 07:00:00|
  2. カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめチョロチョロ・・・

「旦那のお姉さんなんですけど美容室で染めてるのに
シャンプーの度に色が抜けて、タオルに色が着くんですよねぇ」


安い美容室なんじゃないの?

「普通の美容室ですよ。お姉さんは髪質が悪いから
って言ってるんですけど、違いますよねぇ~」


うん、美容室のせいだね。
でも、お姉さんは気に入って行ってるんだろうから
触れない方がイイよ。


今日の話は老いたおじさん美容師の妄想
だから、信じるのは話の半分くらいにしておいてねぇ~

まずは・・・
カラー剤の1液と2液です。

P221qqqqq0047.jpg

混ぜる前は、色が違うんですなぁ~
色の種類によって、最初の色が変わってくるんだけど
この写真は薬の色は真っ黒になる。

それなのに、最初は白い

これを混ぜ混ぜして、15分後・・・

P22wwwww10049.jpg

色が変わってきたでしょ。
1液・2液・酸素が合体すると発色する。

そして、この発色の過程に髪の中で染まる仕組み
が隠れてるんだぞぉ~


大切なのは、発色し終わる前に付け終わること!

色が出来上がっちゃった薬を付けても
それは、表面に着いた汚れだ。
シャンプーの度に落ちてくる。

だから、塗布するときに、おしゃべりし過ぎて
手が止まるような美容師は避けた方が無難だ。

そうだなぁ・・・塗布は混ぜてから10分以内で終わらせないとねぇ。
カップの中で色が出来上がってしまった薬を塗布する行為は
染め染め詐欺である。

次にシャンプー時の後処理なんだけど
ここで僕の妄想を発揮するぞぉ~

pHを調整するバッフア剤を
弱・中・強の3種類用意します。
それは、『強』を段階的に薄めたものでもいいんだけど・・・

勤めてる時、僕は思ってた・・・
1種類だけの強い酸を使ったら、中がアルカリのまま
キューティクルが締まっちゃっうんじゃないべか?


だってそうでしょ。
1番最初にキューティクルに触れるんだから
理論上、キューティクルが酸で閉まったらもう中には
ブッファ剤は入っていかない・・・
ような気がするぅ~!

だから俺は考えた!!!、中までしっかり適正なpHにするために
流す時に、いきなりシャワーは使うのではなく
かなり薄めてイメージは弱酸性のくらいのブッファ剤を・・・

P22100qqqq50.jpg

こんなのに入れて、髪と地肌にチョロチョロかけながら乳化するんですわ。

P221dddddd0051.jpg

この穴を大きくしてはいけましぇん!
じれったくなるくらいしか出てこないスピードが重要なのだぁ~
丁寧に丁寧にもみもみ

これで、乳化が成功すると、この後シャワーで流しただけで
髪を通って流れてきたお湯は透明になる。
1回目のシャンプーの前に2段階目のブッファ剤をつけて流さずにシャンプー。
当然、そのシャンプーの泡は白いんですわ。

最後に髪がきしむくらいのブッファ剤を付けてまたシャンプー。

そして、トリートメントつけて終了。

段階的に酸で髪を絞め込んでいく感じかなぁ~

乾かす時は、何もつけない!
洗い流さないトリートメントなんて絶対付けない!
多少絡むけど、優しくほどく!
金かけないで手間かけろ!

乾いたら1本1本が独立してサラサラだぞ。
当然、色落ちはしない。

これを見てくれてる美容師さん、試してみなはれ。
髪にとってマイナスなことは無いんだから、
やってみた方が得でっせぇ~!




  1. 2019/03/06(水) 07:00:00|
  2. カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色選び

ドラッグストアになんかに行って見ると
ヘアカラー剤の色を見て、聞いたことのない色があってビックリする。

プラチナアッシュブラウン

なんじゃそりゃ?

皆様、ヘアカラーの色のネーミングは、
メーカーが勝手に考えたものが多く、統一されたものではありましぇ~ん。
特に市販されてるカラー剤のネーミングは意味不明のものが多く
色の種類というより売れそうな名前が付いているので注意しましょう!

それと・・・

「会社で髪の色が6番までなんだよねぇ~」
なんて・・・聞きますなぁ。

6番って6トーンってことなんだけど

P51101777778.jpg

これ全部6トーンの色

写真、わかりずらいかなぁ~
でも明るさが違うのは分かるよねぇ~

明るさの番号って、ベースの色によって、全然違って見えるんだねぇ。
基本的に色の薄いイエロー系
逆に濃いアッシュ系(青)だと
同じ番号でも、2トーン以上もアッシュ系の方が暗く見えちゃう。

それと、メーカーによっても明るさに違いがあって
最近では「白髪が染まりやすいんです」なんて言って、
色素を多く入れてあるため、暗く仕上がり
6番と表示してあるものの、実際は従来の5番だったりする。

ゴルフで例えると
5番アイアンに6番アイアンと表示して
『よく飛ぶアイアン』と売ってるようなもん。

あら?この例え、無い方が良かったべか?

会社で髪の明るさが決まってる場合、そんなことを頭に入れて
上司と話し合った方がいいだろうねぇ。

会社に毛束の見本があったりしてさ、
それと比べられちゃって、文句を言われる前に
そんな色の仕組みを説明してはどうでしょう!

お洒落の幅が広がるかもよ~!
  1. 2018/05/23(水) 07:00:00|
  2. カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そりゃぁ見た目が変わる

札幌から3時間程度の十勝が実家のお客様。
1年に2度くらい、田舎からお母さんが出てくるんだけど
その時に、うちでパーマをかけて染めるのを楽しみにして来てくれる。

ありがたいねぇ。

田舎でやると、みんな同じ髪型になっちゃって
チリチリパーマに真っ黒毛染めなんだそうで
後姿では見分けがつかないんだそうだ・・・

先日、そのお母さんが来てくれて
出来上がった髪を見て娘さんが
「髪がちゃんとなったら、10歳以上若く見えるもんだねぇ~」
「髪って大事なんだねぇ~」


そりゃぁそうである。
今回はうちに来ることが決まってたから
田舎では切ってなかったらしく伸び伸びだったし・・・

髪はその人の見た目を左右する大切なアイテムなのである!

男性が七三分けにしたら、真面目に見えるけど
パンチパーマにしたらヤクザに見えちゃう。

女性だってそうだ。
銀行の窓口に金髪の行員がいたら
安心して、お金を預けれるだろうか・・・

髪は重要なのだ

それは、時代の流行りでも変わるねぇ。
そして、その流行りがマイナスになる時もある。

今、おかっぱっぽいボブをしてたら
「私、昔からこの髪型やってるのにさぁ
ブルゾンちえみって言われてさ・・・」


本人にとっては、笑い事ではなにのである。

美容師は、プラスマイナスも流行に敏感でなければいけないのであります。

しかし、僕はその流行にはついていけてないのでありました。

・・・いや・・・流行が僕に追い付いていないなか・・・

そんなわけねぇ~だろ!
  1. 2018/02/13(火) 07:00:00|
  2. カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
自分 (64)
デブ (42)
お店 (178)
社会 (600)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (206)
プロ野球 (44)
カラー (54)
縮毛矯正 (88)
お客様 (66)
自然 (55)
芸能 (113)
グルメ (107)
ヘアケア (94)
スポーツ (122)
コスメ (8)
買い物 (132)
北海道 (251)
事件 (25)
年代 (102)
釣り (79)
旅 (11)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR