太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

15分で勝負

縮毛矯正は普通のパーマと同じで1液が効いていないと伸びましぇ~ん。
だから通常、ある程度時間を置いたら軟化チェックといって
薬が効いているか確かめてから次の工程に移ります。

縮毛矯正の経験がある方は「もう少し時間を置きます」
時間を延長された覚えがある方も少なくないと思います。

そのチェックは数カ所の効き具合を見るのが通常ですが
効きの悪いカ所があれば、当然そこの伸びが悪くなるわけだから
さらに時間を置くのだけれど、これが失敗の始まりだったりするんだねぇ。

一つの頭から生えてる髪も、同じ髪質ではないのは当り前。
当然、薬が効きやすいところもあれば、なかなか効いてくれない部分もあるわけだ!

それをだよ・・・
薬が効きにくい髪に合わせて、
他の髪も時間を置いたらどうなるだろう?


素人さんも「言われてみれば・・・」って思うはず。

そうです、髪質的に弱いカ所の髪はヤバイことになっとるんです。
その時は成功したように見えても
2回目、3回目で・・・
同じ美容室でやってるのに失敗・・・
なんてことになっちゃったりする。

根元の新生部とそこからの過去に縮毛矯正をかけたことのある
既存部に同じ薬を付けちゃうのは論外
今日はそういう話ではない。
同じ新生部でも、かかりやすい部分とかかり難い部分のお話。
一つの頭の髪も、部位によって薬の効きが違うってこと。

縮毛矯正の部位によっての薬の効き方の違いは
美容師にとって、頭の痛いテーマであります。

そこで当店では、軟化チェックはいたしましぇ~ん
ほぼ15分で1液の放置タイムを終了し、すぐに流してしまいま~す。

それは15分で軟化する薬を部位ごとに使うからであります。
軟化しずらい部位は、事前に前処理をして薬が効きやすくし
このタイムラグを克服しております。

縮毛矯正の失敗のほとんどは
薬の効き過ぎとそこへの高温のアイロンが原因であります。

その悲しい結末を防ぐ最大の注意点は
適材適所なのであります。

僕らの方法だって完璧ではありません。
まだまだ、であります。

でも、自分のやってることに疑問を持ったら
その改善を、し続けることが大切なのでありました・・・
スポンサーサイト
  1. 2018/01/28(日) 07:00:00|
  2. 縮毛矯正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョット試してみましょう・・・

DMでこんなチラシが送られてきました~

PB160011122.jpg

なにやら、くせ毛を美しく変えるんだそうです・・・

縮毛矯正のように真っすぐストレートにするわけじゃないようですなぁ・・・

しかもトリートメントなんだそうです・・・
はぁ・・・そうですか・・・トリートメントねぇ・・・

確かに1液も2液も無いようですなぁ。
そりゃ、シークレットだからこんなチラシに成分が書いてあるわけもなく・・・
なんだべか?

クセ毛なんだけど、縮毛矯正まではしたくない
真っすぐじゃなくてもいいから、ボリュームを抑えたい
方に適してるみたいだぞ・・・


しかもトリートメントで・・・
クセ毛が収まって・・・
ツルツルサラサラ・・・

そんなもん、あるわけねぇだろ~っ!

って言うと思ったでしょ・・・

注文しちゃいましたぁ~

こういうところが僕の変態性を発揮するところでございまして
見たことの無いものは、取り寄せて試さないと気が済まない。

その後で、偉そうに講釈をたれるのが好きなのである。

採用することになっても、ヘソが曲がってるから
メーカーの言う通りには使わないんだけどさぁ~

引き出しが増えれば、それでいい。

品物が届いたら人体実験に入りまぁ~す。

まずは、うちの女王様から・・・
お楽しみに~
  1. 2017/11/23(木) 07:00:00|
  2. 縮毛矯正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酸性縮毛矯正

電話での問い合わせ。
「そちらで酸性縮毛矯正をやっていますか?」

やっておりません!

薬は持っております。
縮毛矯正ではない
ストレートパーマの時には、よく使いますなぁ~

縮毛矯正の場合は、部分的には多用しております。

この方、以前の美容室で説明を受けたんでしょうなぁ~
アルカリの縮毛は傷んで
酸性の縮毛は傷まない

と信じておりました。

どちらも傷むのであります。

たずねました・・・
どうして今まで行っていた酸性縮毛矯正の美容室を
変えようと思ったんですか?


「アルカリのをやってた時は半年くらいもったんですが
酸性にしたら、すぐにとれるっていうか・・・」


酸性ってそういう事なんですよ。

かけた時の薬が髪に刺激が少なくて
傷みを軽減できたとしても、伸びが悪く
結局、普段の手入れで過剰にドライヤーをかけたり
毎日アイロンでセットしてたら、結果的にそっちの方が
傷むと思わない?

アルカリの薬を使っても、乾かすだけでストレートになったら
毎日の手入れでの傷みを最小限に抑えることが出来るでしょ・・・

僕が思うのは
酸性の縮毛矯正を好んで使ってる美容師は
過去にアルカリで失敗して、エライ目にあったことがあるんじゃないべか。
美容師自身が、『伸びが悪くても仕方ない』
と受け入れてしまえば、お客様の髪よりも
美容師にとって優しい薬だからねぇ。

アルカリの縮毛矯正の薬はヤバイんです。
でも、そのヤバイ薬を使いこなすから、プロなんです。
僕ら美容師免許は国家試験である意味をよ~く考えましょう!
  1. 2017/10/30(月) 07:00:00|
  2. 縮毛矯正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷み過ぎは出来ません

最近、縮毛矯正の新規の方からの問い合わせで
「傷んでいても、縮毛が出来るって見たんですけど・・・」
という方が、やけに多い。

どこで見たんだ?

ネットで見たらしいんだけど、
「傷んでる髪も縮毛かけれる」なんて
言ったこと無いぞぉ~

どこのサイトで見たのか、聞くようにしてるんだけど
あいまいでねぇ・・・不明である。

何回も言ってるけど縮毛矯正は
髪としての機能が残っていなければかけれません!
パーマもそうです。

見た目が普通の髪に見えても中が変質していたら、かけることは出来ないのであります。

ゆで卵 も 生卵外見は同じに見えるけど中身別物。
ゆで卵は生卵には戻らないから、もうゆで卵卵かけご飯は出来ないのであります。
これは、タンパク質特有の変質で
変質前も変質後もタンパク質には変わりはないんだけど
元のタンパク質の形には戻れないのであります。

髪もタンパク質だから、変質が起こるのであります。

ですから、手に負えないほど傷んでいる髪は
なぁ~んにも出来な~い!

特にホームカラーで、傷んでしまった髪は
正直、触りたくありません。

ホームカラーは、後処理をしないので
火傷をした皮膚に、手当をしないで数日過ごすのと同じくらい
髪には酷なのです。

ホームカラーをしてる方がよく言うのですが
『高いトリートメント使ってる』とか
『根元しか薬を付けてない』

意味がありません!

そりゃぁ、経済的な事情もあるので仕方ないという考え方もありますが
その傷みを、美容師に押し付けられても困ります。
出来る事と、出来ない事があることを頭に入れておいて頂きたいものであります。

  1. 2017/10/11(水) 07:00:00|
  2. 縮毛矯正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い訳いろいろ

新規の縮毛矯正でご来店のお客様。
ネットで調べて来てくれたんだけど、うちに来たって行くことは
今までの美容室の縮毛矯正が納得いかなかっていうことだねぇ。

その納得いかない2大理由が傷み伸びない

傷みに関しては美容室の研究不足手抜きが大きな原因だろう。
しっかりした、知識と経験をまんべんなく発揮すれば
傷みは最小限度に抑えることが出来るだろう。

伸びの悪さに関しては、そんなに悪いことだとは思っていない。
ギリギリ伸びるくらいが、傷みが最小限になるから、
失敗を恐れていてはそこを狙えないだけ。
大切なのは、同じ失敗を2度しない、正直に伝える
そして、原因を考える。

これね、ごまかそうとする美容師が多いのよねぇ~

今回のお客様も言ってた・・・
傷まない縮毛矯正っていうのをやったらしいんだけど、伸びなくて、
初めてのときは初回は伸びない・・・と言われ
2回目のときはシリコン入りのシャンプーを使ってるから・・・
と言い訳されて2回連続ほぼ、来店前と同じ状態で帰されたとか・・・

だいたい、縮毛矯正で『傷まない』って無いから・・・

傷まないって言って伸びないってことは
単純に、薬のパワーが足りないんだべ。
髪に薬の力が追い付いていない
2回連続だと、間違いないな・・・

『弱い薬を使う』『傷まない』
イコールではない!

最大の目的であるクセ毛を伸ばすことに失敗してるわけで
決して安くない料金は、無駄金になっちゃってると言えるだろう。

縮毛矯正の場合、担当者は傷み過ぎ伸び不足は、
施術の3分の2くらいの時に気付いている。

そして、その時点から言い訳考えている

たまぁ~に、予期せぬことはあるけど
それは同じ髪で2回やったら、ただの下手くそ。

お客様が『言い訳だなぁ~』と感じたり
美容師が失敗を髪のせいにしたら、その美容師は行かない方がいい。
同じことの繰り返しになっちゃうからねぇ。

その、日常の手入れが大変な髪を
何とかしようとして、高い料金を払って美容室に行ってるんだからねぇ~!

ただね、『次は何とかする』という美容師は
通う価値あるぞぉ~
  1. 2017/08/21(月) 07:00:00|
  2. 縮毛矯正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (163)
自分 (61)
デブ (35)
お店 (166)
社会 (487)
パーマ (21)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (181)
プロ野球 (39)
カラー (50)
縮毛矯正 (83)
お客様 (65)
自然 (38)
芸能 (85)
グルメ (67)
ヘアケア (72)
スポーツ (89)
コスメ (5)
買い物 (95)
北海道 (204)
事件 (13)
年代 (65)
釣り (35)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR