FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

見つけたどぉ~

過去の、検索や購入履歴で送って来るメール。

オモロイもん見つけたどぉ~
sakura-place_10006011_1.jpg

sakura-place_10006011_2.jpg


すげ~ぇべ!

塗るだけでクセ毛がストレートなるんだどぉ~っ

いや・・・待てよ

『ストレートに!』
『ストレートが手に入る!』

と書いてるけど
『・・・になる!』とは書いてないぞ。

sakura-place_10006011_6.jpg

縮毛矯正はやめろ!とも書いてある。

sakura-place_10006011_7.jpg

・・・傷むよ。
間違いない。

縮毛矯正をしてる人は、大なり小なり痛い目にあってたりする。
経験上、こんな商品には何回か騙されちゃてる。

売れるんだべか?

この中に「こんなこと書いていいの?」
って言うことが書いてあった。

vrhairoil-155557.jpg

vrhairoil-122228.jpg

クセ毛の原因は『水分不足』『ダメージ』
とあり、それ以外のクセ毛の原因は書いてない。

ということは、ダメージが無く、潤いタップリの
子供達にはクセ毛が居ないということになる。

毛は毛根の毛母の中で作られ、そこから押し出されるように毛穴から誕生する。
クセ毛は、その押し出される過程の通路のねじれで出来るんだねぇ。

歳を取って、クセ毛になった人は、老化などで頭皮がシワになったり、つっぱたりして
毛の生産工場である毛母と出荷場所である毛穴の位置関係が変わり
その中間にある通路の形状が変わるから!

クセ毛は水分不足やダメージという単純な言葉で片付けられるものではない。

世の中には僕がまだ見たことが無い物がたくさんあります。
もしかしたら、画期的な商品かもしれない。

でも『クセ毛が落ち着く』程度なら
クセ毛の人達の悩みを一時の金儲けに利用しないで欲しいものです。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/08(土) 07:00:00|
  2. ヘアケア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言葉遊び

最近、目にしなくなったでしょ・・・
ノンシリコンシャンプーのCMや広告。

どうしてか?

売りつくしたからである。
釣れる魚を全部釣ってしまったから・・・

リピートしない。
使用者の評判が良くないから、市場が広がらなかった。

他にも、見なくなったシャンプーのCMがあるねぇ。
椿・ヒマワリ・・・

このワードのポイントはオイル

そもそも、シャンプーメーカーが胸を張って主張してる
これらの配合成分が髪に良いという根拠は無いし
シャンプーは洗剤だから、油を分解するわけで
油やオイルのまま、製品に存在出来ない。

ノンシリコンって従来のシャンプーに比べて高かったでしょ。
でも、材料費はノンシリコンの方が安価なはずである。
髪の触感を良くするために、いろいろなものを配合するわけだけど
市販されてるシャンプーに含まれる配合物の中で
1番高いのがシリコンで
1キロ4000円くらいと聞いている。


じゃぁ、なぜ買ってしまったのか?

言葉遊びに乗ってしまったからである。

ノンシリコン・○○オイル・〇〇油
耳にしみついてるでしょ、こんな言葉。

家で、ボォ~っとテレビを観てたら番組の間に
繰り返し聞こえて来る・・・
脳に染み込んで、『良さそう』に感じてくる。
だって、テレビでやってるんだもん。

そして、メーカーは売れなくなると新商品を出す。

でも、シャンプーに混ぜる配合物なんて配合比率を変えるくらいで
もう出尽くしてるんじゃないべかねぇ~
だから、今は成分を主張するコマーシャルって少なくなったでしょ。

最近、メーカーが始めた言葉遊びは効能だと感じるぞぉ~

最近、目にするでしょ。
・クセが落ち着く
・まとまり易い
・スタイリングが楽になる


ほらほら・・・言われてみれば・・・って思うでしょ。

ぼやぼやしてたら、そんな言葉達は知らず知らずのうちに脳に侵入してきて
欲しくなっちゃうぞぉ~

よく考えてみてよぉ~
『落ち着く』『易い』『楽になる』
使い勝手良い言葉を使ってるだけだぞぉ~

買う前に、使い切らないで捨てたヘアケア商品を思い出そう!
言葉遊びには、気を付けなはれや!

  1. 2018/11/13(火) 07:00:00|
  2. ヘアケア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グレイヘア

2018流行語大賞にノミネートされた
『グレイヘア』

週刊誌の記事にもなっちゃったりしてる。

PB08001111164.jpg

有名人がやると流行っちゃう・・・
美容室の敵である。

『白髪のまま』って恥ずかしいことじゃないから
それはそれで、イイと思うんだけど
有名人がやるとさぁ~
『自然』とか『ありのまま』というワードが広がって
『染めることが悪いこと』というイメージにならないか心配である。

白髪染めをやめるか、やめないか悩んでる人の割合は
この本によると・・・
PB08006222225.jpg

こんな記事に、背中を押されて
染めるのをやめちゃう人も居るんだろうなぁ。

「もう染めない!」と決めて、
現在染まってる髪が完全に無くなって本物のグレイヘアになるまでは
長さにもよるけど半年から1年はかかる。
その間は我慢なのであるが、この本には
その、のり越え方まで書いてあった。

PB080063333336.jpg

まぁ、美容師が見ると???ってなことも書いてあるけど
これで、髪全てが自然なグレイヘアになったとして・・・

想定外はこれから起こる・・・

PB080064444447.jpg

このようなメディアに紹介される素敵なグレイヘアに
なれるのは何%ぐらいだろうかねぇ?

自分の白髪を観察すると
やけにちじれた白髪があちらこちらにないべか?
明らかに、周りの黒髪と性質の違う白髪が・・・

黒髪と形状が違う白髪が生えてくることは、珍しいことではない。

今までも存在した、ちじれた白髪が
染めるのを辞めることによって、白と黒の両極端のコントラストで
目立つようになっちゃう可能性を頭に入れおいた方が良い。

素敵なグレイヘアを見ると『自分も!』と思っちゃう人がいるのは理解できるけどさぁ~
グレイヘアにしようと考えている方は現実を見失ってはいけない!
白髪が素敵なわけじゃない。
素敵に見えるのは、肌・服装・その他色々と気を使っているからである。

そして、メディアに出てる人は
素敵に見える人だから出れている
ということを忘れてはいけない。
  1. 2018/11/10(土) 07:00:00|
  2. ヘアケア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毛の都市伝説

学生だった頃、聞いたことないべか・・・
「早く髪を伸ばしたかったら、きつく縛れば早く伸びる」

まったくのデマである。
毛根は苦しいに違いない
逆効果である。

毛や髪にまつわる都市伝説ってけっこうあるねぇ。

『白髪を抜くと増える』

科学的根拠は無い!
抜かなくても増えるお年頃なだけ。
老化で白髪が増えたということを頭では理解していても
それを認めたくない気持ちであろうなぁ~
『抜いたから!』ということにしておけば
少し、気持ちが収まるのであろう・・・

あとねぇ~ よく聞いたのが・・・
『ムダ毛を剃ると濃くなる!』

これもである。

もし、本当にそう感じた人がいたのであれば、それは・・・
一度も切られていないムダ毛は先端に向かうにつれ細くなってる。
しかぁ~し、それを剃ってしまうと、1本の断面が広くなるから
黒く見えて、濃くなったように錯覚してしまうと考えられる。

このような、昔から言われているガセネタの他に
メディアで紹介される怪しいものもあるよねぇ。

『〇〇を髪につけたら髪が綺麗になった』とか
『〇〇を頭皮につけたら髪が生えてきた』
とかって、見たことあるよねぇ。

その時は「そうなんだ!」って思うけど
そういうのって本当に効果があったら
ネットでバンバン広がるはずなんだけど断ち切れる。
そして忘れる。
ガセネタっていうことだ。

白髪を抜くと最終的にハゲる!
ムダ毛を剃るとチクチクする!

真実はこの程度である。
  1. 2018/10/13(土) 07:00:00|
  2. ヘアケア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すかすかポーラス

電話での縮毛矯正の相談
「ポーラスヘアって言われたんですが縮毛矯正を・・・」

無理!

ポーラスヘアとは穴だらけの髪であります。

聞くと、1年くらい前に自分でブリーチをした。
しかも2回、同じ日に・・・
そりゃぁ、すでに髪じゃない。

damagehair01.jpg


ポーラスヘアは普通のカラーでもなるし縮毛矯正でもなる。
自分で白髪染めしてる人にも多い。
2週間に1回くらいの頻度で染めちゃう人もいるからなぁ~
そんな人は、ほぼポーラスヘアである。

髪としての機能は残ってない。
カラーは染料がしがみつくところが無いし
当然キューティクルも無いもんだから出入り自由。
バンバン色が流出する。
パーマは厳密には、ちょっとだけかかってるんだけど
コシがないからウェーブに見えない、だからパーマがかかっていないも同然。

原因はいろいろあるけど・・・
アルカリに浸かる回数だべなぁ~
あと、酸もヤバイ。
染めの2液は過酸化水素水っていうんだけど
昔のヤンキーにオキシドールと言ったら分かりやすい。
基本は消毒液なんだけど毎日これを髪に塗ってたら茶髪になる。

このオキシドールが3%で
カラー剤の2液が通常6%である。
欧米では10%が許されているが日本の薬事法ではアウト~っ!

6%でも昔、ヤンチャしてた人だったらオキシドールの倍って言ったら
カラー剤の2液がどれだけ刺激があってヤバいのか理解してもらえてるんじゃなかろうか。

ポーラスヘアを自分で確かめるんだったら
濡らして引っ張ってビヨォ~~ンって異常に伸びたら決定である。

ポーラスヘアはなってしまったら切るしかない。
どんなにお金を使っても蘇ったりしない。
当然トリートメントも無意味。

これは絶対である!
例外はない。

ならないこと・・・これしかない。
  1. 2018/10/10(水) 07:00:00|
  2. ヘアケア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)
自分 (63)
デブ (38)
お店 (172)
社会 (531)
パーマ (22)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (193)
プロ野球 (41)
カラー (51)
縮毛矯正 (86)
お客様 (65)
自然 (47)
芸能 (95)
グルメ (82)
ヘアケア (81)
スポーツ (104)
コスメ (6)
買い物 (113)
北海道 (230)
事件 (18)
年代 (84)
釣り (56)
旅 (7)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR