FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

失恋と髪

バッサリと髪を切った30代前半の女性。

職場で『失恋したの?』
というのはおばさんだけ
若い子は純粋に髪型の評価をしてくれるんだそうです。

もう、失恋して髪を切る時代じゃないんですな。
でも昔はあったよねぇ~
そういうの・・・

あの失恋した乙女が髪を切る行為は
防衛機制が働くためなんだってよ~

人は不快なこと、都合の悪いことは無意識に忘れようとしたり
違うかたちで解消しようとしたりします。
そうした自分を守るために防衛メカニズムの心理を
『防衛機制』と言います。

髪を切るという行為は、そんな防衛メカニズムのひとつで
『逃避』という心理が働くからで
不安や苦痛を感じる状況から脱するために
別の事をして失恋という事実から逃れようとする心理であります。

女心の一つでしょうなぁ~
男には無いものなぁ~

そんな心理なんて知らなかったから
別れた男に対しての当てつけ
『失恋したから優しくしてほしい』
という周りへのアピールだと思っておりましたわ。

まぁ、僕にふられて髪を髪を切った女性はいないんだけど・・・

また、失恋をして布団にもぐって一日中過ごしたり
深夜に泣きながら友人に電話したりするような
ちょっと子供じみた行為は『退行』と言い、
また、悲しみを仕事にぶつけてバリバリ働いたり
綺麗になって見返してやる』と、自分磨きをする
行為を『補償』と言います。

逃避・退行・補償
あなたはどのタイプでしょう?

これね、後に厳しい現実が襲いかかってくる
離婚後の心理とはちょっと違うから・・・

あくまでも乙女の・・・だから。
スポンサーサイト



  1. 2020/01/25(土) 07:00:00|
  2. 年代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終活

母親が、数年前からやたらと不要な物を探し出し、捨て始めました。
『終活』だと言っておりました。
お客様からも、よく聞くワードですな。

『終活』とは何でしょう?

『死ぬ』準備でしょうか?

覚悟を決めたのか・・・

僕の母は、3年前くらいに光熱費が安くなるからとオールガス
工事を大金をはたいてしておりまして、
浮いた光熱費が、その工事費を抜くまで生きるているつもりでしょうか?

『いつお迎えが来てもいいように・・・』
なんて言いながら、その『お迎え』を阻止することには余念がありませんな。

無農薬にこだわり、高い国産の野菜を食べ
塩分、脂には気を使い
さらに、お腹いっぱい薬を飲んでたりします。

運動だって欠かさない。
早朝、通勤時の道路は老人の散歩者でいっぱいであります。
外国人だらけのスキー場の日本人は
ゴーグルを外すと、やっぱり老人・・・。
登山だって、高齢者の確率が高そう・・・

確率で言ったら若い人より高齢者の方が
積極的に運動してるんじゃないべか。

観光地に行くと、観光バスから降りてくるのは
中国人か日本人の高齢者。
旅行もこの世の見納めで『終活』の項目に入っているのか?

定年した旦那様と一緒に居たくない奥方様は踊りだす!
社交ダンスにフラダンス・・・
『健康の為だからさ、発表会に出ないのよ。
それにおばさんの踊りなんて誰も見たくないしょ』

と言っていたのに・・・

『先生が出ろって・・・』
結局、出ちゃうんだけど
見られることの喜びを知り
見る側のしんどい気持ちは考えなくなる。

『最近物忘れが・・・』と、脳の衰えを口にするけど
自分がオレオレ詐欺に引っかかると思ってる人はいない。

やりくり上手を自負し節約だと信じて、お得な安い買い物をするために
遠くまで買い物に行くが、ガソリン代は計算に入っていない。

なぜか、病院代は生活費に加算されないため
体に異変が起こる前の違和感を感じただけで病院に行きます。

『死んだときに迷惑をかけないように・・・』
素晴らしい心がけをアピールするけど
今の自分は、誰にも迷惑をかけていないと信じ込んでる。

こういう行動や言動を考えると
『終活』とは余生をスリムに楽しく過ごす為の行動であって
死ぬ準備ではない。

お金も余裕がある人しか
『終活』という言葉を使いません。

身近に『終活』と言ってる老人が居たら
長生きしますぞぉ~

地球の環境を考えてるのか
電気代を考えての事か
照明をLEDに変えようか検討中のご老人。
そのLEDの寿命はあなたの寿命より長いのは間違えない。
自分が居なくなった後に住む人が決まっていなければ
その出費は無駄になりますぞ・・・




  1. 2020/01/21(火) 07:00:00|
  2. 年代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女子会

50代の女性のお客様。

『これからね、女子会なのさ綺麗にしてね・・・』

奥様、いつも綺麗でいらっしゃいますよ!


なんてこと、言うわけがない!

何歳まで女子って名乗ってんの?

『何言ってんの!女子プロレスなんてずっと女子でしょ』

あら!今日は冴えてますなぁ~

その日はちょっと高目のランチ会だという。

そう言えば毎年、ダイエット宣言してたよねぇ~

『今日はね、ヘルシー志向のお店なのよ』

おそらく・・・

ダイエットの決心をするときは、いつも満腹のときだろうし
減塩の料理に醤油や塩をかけちゃってんだべなぁ~
+・-=0なら、まだいいんだけどにしちゃうんだよなぁ~

僕も含めて、ふくよかな人はみんなそうだ・・・

奥様は優雅にレストランでランチを楽しんでるとき・・・
旦那様はワンコインで昼ご飯。

せめて、晩ご飯は愛情のこもった料理で・・・

『よく考えたらね、旦那の食費って
うちのワンちゃんのドックフードより安いかもぉ~』


独身 バンザ~イ‼
  1. 2019/12/15(日) 07:00:00|
  2. 年代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンス・ダンス・ダンス!

60代後半の女性のお客様。

『今月、ちょっとイベントあるからキレイにしてね』

イベント?

『フラダンス始めたのさぁ~ 旦那が定年なって家に居るからさぁ~
一緒に居たくないから始めたんだぁ・・・』


出たっ!
旦那が定年すると嫁が踊り出す法則

フラダンスか・・・

顔にはナチュラルメイクに見える厚化粧を施し
堂々としたその姿は、新人でありながらレジェンドに見える・・・

イベントって、どこで?

『老人ホームで踊るだけなんだけどさぁ~』

老人ホーム・・・

たしか、もう少しで70歳じゃなかったっけ?
老人の定義とは?

老人が老人に踊りを見せるのか・・・

世の中も変わったなぁ~

てなことを言ってしまったら・・・

『そうなのよね~ 私は初めて行くんだけど
その老人達ね、ダンス終わったら
数分後には見たこと忘れるらしいのよねぇ~』


なお悲しいじゃないか・・・

ダンスは健康に良さそうだし、家にこもってるより外に出た方がいいわけだから
賛成なんだけどさ、フラダンスに社交ダンス・スクエアダンスといろいろあるけど
サンバはやめてもらいたいもんですなぁ~


20120826aaa195419621.jpg

逮捕!


  1. 2019/12/11(水) 07:00:00|
  2. 年代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老け顔

先日、当店の女王様の同級生がご来店しました。

定期的に、来てくれるのですがこの前は
老け方が加速していて、ビックリしてしまい
帰った後に『あの人どうしちゃったの?』
と、女王様は
『老けてるのさぁ~、でもあれくらいで驚いてたら
あの写真は見れないよ』

と言いながら最近、故郷で行われた女子会らしき集合写真を見せてくれた。

それはLINEで送られて来たものだった・・・

女子?

髪が長いおじさん達?

あれ!男性芸能人が2人?


その芸能人とは・・・

sssss.jpg

prisonhotel_1qqqq215_01.jpg

これね、マジだから!
シワがさぁ~
シワじゃなくて溝?

女王様も認めたんだから。

下の写真に似たひとなんか
『この人昔は、可愛かったんだよぉ~』だって・・・

今じゃ、小沢仁志さん。
代わるもんだねぇ~

どうして老け顔になっちゃうのか?

パッと見てシワと白髪はねぇ~
見えちゃうよねぇ~

あとね、面長で特に顔の下半分が長い顔って
老けて見えるんだってよ。

さらに、目、鼻、口など顔のパーツが大きいと老けやすいらしいぞ。
目鼻立ちがしっかりしていることで、顔に陰影がつきやすくなるんだってよ。
顔に影があると堀が深くなって、老け顔になっちゃう。
外国人が大人っぽいのもそのせいらしい。

堀が深い顔って、うらやましいけどなまぁ~

昔、通ってたスナックのママが・・・

『年齢よりも、極端に若く見える女って
例外無くスケベだから!』


と吐き捨てるように言ってた。
何か辛い過去があるんだべなぁ~

さらに・・・

『韓流スター、追いかけてる女ね
老け顔のババアばっかりだから!』


たしか以前、韓国行ってBBクリーム買いだめして来たって言ってたのに・・・
効果が出なかったのかな・・・

そう言えば、あのママさんは何歳だったのか?
老け顔なのか、若く見えるのか・・・

『ハンガー』のことを『えもんかけ』って言ってたから、
僕と同じ世代だったべか?

そうだ!
老け顔に見られない1番の秘訣は
自分の歳をいわないことだぁ~!
  1. 2019/11/22(金) 07:00:00|
  2. 年代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (309)
自分 (64)
デブ (44)
お店 (179)
社会 (629)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (94)
美容業界 (209)
プロ野球 (44)
カラー (54)
縮毛矯正 (88)
お客様 (66)
自然 (57)
芸能 (120)
グルメ (109)
ヘアケア (99)
スポーツ (126)
コスメ (8)
買い物 (134)
北海道 (259)
事件 (25)
年代 (107)
釣り (79)
旅 (12)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR