太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

冬の中国人

札幌では雪まつりをやっております。
僕も11日にプロジェクションマッピングを見に行く予定ででございま~す。

毎年雪まつりは中国人だらけでございまして
雨が降っちゃった時なんて
混雑してるプロジェクションマッピング会場の中に
傘をさしたまま、グイグイ入ってきます。
危険なのでありますが、周りに注意を払い
自分の身は自分で守らなければならないのが現状であります。

さらに、これから旧正月で中国人観光客は倍増します。

そこで、最も怖いのが
中国人運転のレンタカーでございますなぁ~

テレビで放映してる、ハプニング映像の中国発が多いこと・・・
あんな運転の人達が、ツルツル凍結道路を運転しちゃったりする。

知っとるけ~っ!

基本的に中国の免許だと日本で運転出来ないんだぜぇ~
本来ならレンタカーも借りれないのであ~る。

どうして貸しちゃうんだべ?

運転に対して世界の動きはどうなっているのかというと
交通法規の共通化をすすめている『ジュネーヴ条約』というのがあって、
これに加盟していたり、国同士が協定を結んでいれば免許が有効にしてたりするんだねぇ。
でも・・・

中国はこの『ジュネーヴ条約』に加盟していない

では、どうして?

料金を支払えば、希望した国で通用する偽造の国際運転免許証を発行してるところがある・・・
ただし・・・偽装免許証であ~る。

だいたい、日本に旅行に来ることが出来る中国人は
都会に住んでる、ある程度お金を持ってる人でしょ。
中国の都会に雪が積もってる映像って見たこと無いけど・・・
ちゃんと免許証を持ってたとしても雪道を運転したこと無いんじゃないべか?

中国人が、日本で事故を起こし
偽装免許が発覚した場合、保険は出るのか?

怪しいところだべ・・・

皆様、センスの欠片も無い色合いの服装の人が乗っている
車には近づかないようにしましょう。


事故後、国に帰られてしまったら
泣き寝入りは間違えないでしょう!

自分の身は自分で守れ!
スポンサーサイト
  1. 2018/02/07(水) 07:00:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイソー

経済番組の『ガイアの夜明け』
100円ショップ最大手のダイソーの社長が出ておりました。

その中で社長の5つの言葉って言うのがあった。

IMG_04477770.jpg

これね、経済の本によく出てくるんだけど
実行出来てるのが本当に凄い!

特に番目と番目。

成長よりも会社が潰れないことが大切
急成長した会社が無くなるのは、珍しくないよねぇ。
昔のテレビ番組で『マネーの虎』
偉そうにしていた、あの頃の成功者達の今は・・・
『しくじり先生』に出てたりする。
会社の最終目標は成長ではなく消滅させないこと。
今の日本の家電メーカーを見ると、その難しさがよくわかるねぇ。

次に
努力の結果は3年先 5年先に出る
これは身をもって体験してきたことだ。
明日の売り上げ、来月の売り上げを作ろうと思えば
値引きしか思いつかない。
それは、地獄への入口である。
『3年後には、こうなっていたい・・・』と考えれば
計画が立てやすくなり、5年後も見えてくる。

この他にダイソーの社長の言葉で心に残ったのが・・・

IMG_04777742.jpg

恵まれない幸せ
  恵まれる不幸せ


これを聞いてすぐに思ったのが
恵まれなかった容姿だ。

もし僕が男前に生まれていたら
邪念だらけで、絶対に失敗してたと思うものなぁ~
学生の時に、自分はモテないと、しっかり認識してたから
社会に出たら、そりゃぁもう仕事するしか残ってなかったものなぁ。

僕にとっての『恵まれない幸せ』とは間違いなくこれだなぁ。

ただ・・・これを幸せだと感じたことはない。
そして、今でもチヤホヤされるって、どんな感情になるのか体験したい・・・
  1. 2018/01/20(土) 07:00:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死なないヒーロー

平昌オリンピックでの北朝鮮参加が話題になっているねぇ。
オリンピック後に何をたくらんでいるのか・・・

北朝鮮もアメリカも親分がアホだからなぁ~
第3次世界大戦なんてことにならなきゃいいんだけど。

韓国映画観てたら、北朝鮮のトップを暗殺する計画があったとか・・・
最後のテロップで、それらしいことが書いてあっただけなんだけどねぇ。

ゴルゴ13に依頼するしかないか・・・

映画やドラマだと特殊部隊のヒーローが任務を遂行してくれるんだけどなぁ。
そして、ヒーローは相手が何人いようが、弾が当たらない!
でもヒローが放った一発は敵に的確にヒットする。
足や腕に被弾しても、いつの間にか忘れて大活躍する。
それは戦争映画も同じだねぇ。

どうして当たらなのか?
映画だからヒーローが死んだら、終わってしまうってこともあるんだけど
こんな検証もあるんだぜぇ~

第二次世界大戦時の発砲率は15~20%。
そして、そのほとんどが意図的に狙いを外していた。
戦場では自分の命に危険があっても、なかなか敵を殺すことができない
敵との遭遇戦に際して、火線に並ぶ兵士100人のうち、
平均にしてわずか20人程度しか敵に向かって銃を発砲していない。


飛行機から爆弾を投下するのであれば
死んでいく人達を目にすることは無いのだろうけど
陸上での戦闘では、自分が殺す相手をリアルに見ることになり
敵であっても、人を殺すという罪悪感が無くならないらしい。
実際の戦争は、戦争に行ったことの無い者が想像するものとは
大きく違うようだねぇ。

そう考えると、敵を皆殺しにしていく映画の中のヒーローは
異常者である。

世の中は、殺人事件が絶えないけど
昨年の10月に、発覚した9人もの人を殺した
殺人鬼事件の犯人の脳は人間のものではないと言えるだろうなぁ。

すぐに処刑する北の将軍様も同じだ。

ヤフーニュースで「(米軍は)準備をしており、戦争計画(War Plan)もある」
と出ていたが、戦争は回避してもらいたもんだ・・・

人殺しをしたくない兵士が最前線で
戦争を始めた狂気の大統領様と将軍様は安全地帯なんてなんとも許せない・・・
  1. 2018/01/19(金) 07:00:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先払い

今日は1月15日
本来ならば、本日が成人の日でありました。

平成11年(1999年)までは1月15日が成人の日だったんだけど
翌年から1月の第2月曜に代わったんだねぇ。

ちなみに、以前は冬物バーゲンも1月15日からが定番だった。
今じゃ、年が明けてすぐに始まっちゃうけどねぇ。

成人の日と言えば、騒動になってたなぁ。
『はれのひ』
お金取って、とんずらした、業者のおかげで
一生に一度の成人式に参加できない新成人が居た、あの事件。
ありゃ、完全に詐欺だべ。

『先払い』はどんな業種でも要注意だ。
利用者の中には、非常識なキャンセルをする人も居るから
多少の手付金が必要な場合もある。
でも、それも金額しだいである。

総額の30%を越えたら、見直した方がいいかもねぇ。
多額の先払いを要求するような会社は
そのお金をすぐに使っちゃうんじゃないかねぇ。
その時点で自転車操業じゃないかと疑った方がいい。

先払いのシステムって、いろんな業種で見たことあるよねぇ。
先にまとめて、金券を買っておくと『お得』ってやつ・・・

英会話エステなんかで
突然、入口に張り紙が張ってあって、そのまま連絡取れず・・・

ニュースで見たことあるよねぇ。

先払いシステムの場合、
本当に『お客様が利用しやすいように』という、良心的なものと
『先に金を集めろ』という自転車操業の場合があるから
見極めが大切だぞぉ~

チョットでも不信感を持ったら、やめた方がいいかもよぉ~
  1. 2018/01/15(月) 07:00:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人の日 2018

昨日は成人の日でございまして
当店では、1人送り出しました。
基本的に、普段から当店をご利用いただいてない方は
受けないので、毎年1人~3人くらいで十分です。

P10800777720.jpg


今年の新成人は123万人で、
そのうち男性63万人、女性60万人
キンキラ金の袴姿の、成人式で暴れそうな男子を除けば
美容室が対象とする女子は60万人しかいない。
この60万人は全国に散らばっているわけで
北海道・・・札幌・・・豊平区・・・と絞っていき
小学校1学年2クラスしかなくて、さらに半分が男子と考えると
この少ないターゲットを奪い合い、商売につなげる気はしなくなる。

それでも今年の新成人の人数は去年と変わらないんだけど
これから先を見ると・・・
2019年の新成人の数は、119万人
2020年の新成人の数は、118万人

と1万人ずつ減っていくんだけど
このまま10年後と考えると新成人の人数は
半分になっちゃうぞぉ~

このままでいいのか!日本。

などと、偉そうなことを言っておりますが
原因は、僕にもあるわけで・・・

僕の世代の人達の子供は丁度
成人を迎える年頃でありまして
僕のように結婚してないから当然、子供もいない人間には
耳の痛~い、成人者の減少問題でありますなぁ。

申し訳ございません・・・
  1. 2018/01/09(火) 07:00:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (163)
自分 (61)
デブ (35)
お店 (166)
社会 (487)
パーマ (21)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (181)
プロ野球 (39)
カラー (50)
縮毛矯正 (83)
お客様 (65)
自然 (38)
芸能 (85)
グルメ (67)
ヘアケア (72)
スポーツ (89)
コスメ (5)
買い物 (95)
北海道 (204)
事件 (13)
年代 (65)
釣り (35)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR