FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

お気の毒なカット

ent180330kkk0aaaaaa013-p1.jpg

最近、こういうボブ、流行ってるんだべか・・・
芸能人も沢山見かける。
美容師なのに流行にうとくてねぇ~

たまに、地下鉄なんかに乗ると
やっぱり周りの人の髪型を見ちゃうんだけど
多いなぁ・・・こんな髪型。

このスタイルは、美容師にとって
腕の見せ所だからなぁ~

技術の差が見え見えになっちゃう。

ラインが上手く出せないと、バンバン削いじゃってさぁ~
毛先がバッサバサになってて落ち着かない。

yjimageH5FkkkQDLZ0.jpg

原始人の髪型みたいになっちゃってる人や
はたまた、パッツンって切られてて
自衛隊のヘルメットみたいになってる人も・・・

CpA81YjVYaaaaAAFlMp.jpg
あら、禁断のピエール瀧の写真でした・・・失礼しました。

クセ毛の方がこの髪型にしようと思ったら
縮毛矯正をかけたくなるんだけど
これもさぁ~毛量が足りなくて細毛だったりすると・・・

retiqqqqna_foodpic7qqqqq264265.jpg

おむすびに海苔が、
くっ付いたようになっちゃうから要注意なのである。

あと、襟足だ。
クセ毛と言うより、生えてる方向だな。
襟足の毛が上に向いて生えてる人っているでしょ。
周りにけっこう居るぞ。
逆に、素直に生えてる人の方が少ない。

『襟足スッキリ』なんて切っちゃったら
お行儀の悪い襟足が大暴れするから
美容師さんに相談しよう!

ボブって言うとさ、僕ぐらいの年代は
『内側短くして、上からかぶせて・・・』
なんて、いまだに覚えてたりする。
あの頃は、一般の人にも浸透してて知ってたもんだ。

時代は進んでるんだ・・・
こんなことを言ってちゃいかんのである。

綺麗なボブを求めてる人は
安売りの美容室には行っちゃいかんぞぉ~

しばらく、ヘルメットなんて嫌でしょ・・・


スポンサーサイト
  1. 2019/03/18(月) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理想と現実

あら!こんなところに新しい美容室。

帰宅途中、国道沿いで見つけた。
いつオープンしたんだべか?

北海道の中でも1・2を争う交通量が多い
国道36号線

駐車場は見当たらない。
駐車場が有ったとしても交通量が多くて右折困難である。

ちゃんと、具体的なビジョンを持ってオープンしたんだべか?
独立当初はいろんな夢を持って希望に満ちている。

3店舗ぐらい持ちたいなぁ~なんて・・・
僕もそうだった。

でも現実は甘くない。
僕の場合は
『待たなかった』のではなく『持てなかった』のである。

やっぱり、っていうのがあるでしょ。
僕のような器が小さい者が複数の店を持つということは
強引性が無ければ無理で、一か八かになっちゃうんだけど
それは九分九厘失敗する。

自分の器からこぼれるほど店を持ってしまうと
当然、潰れるんだけど、その時逃げる経営者が少なくないんだよなぁ~

そういう人を何人見たかなぁ・・・
近所の美容室でも多店舗化に失敗して失踪した。

今自分を、考えると1店でも あっぷあっぷしてるのに
他に店を出してたら、とんでもないことになってたべなぁ~

多店舗化の苦労は経営不振だけではない。
今は、人手の確保も皆無だからなぁ~

それと『美容室あるある』なんだけど
店のトップクラスが一斉に辞めちゃう。
さらに、働いてた所のすぐそばに出店したりする。

完全に悪意を感じるんだけど、その経営者はそれに対抗して
材料屋さんなどに対し、その者たちの店との取引を禁止したりする。

醜い争いではあるが、どちらが悪いのかは当人でないと分からない・・・

当店は求人をあきらめたわけではない。
ただ、求人の媒体に頼るのをやめただけで
縁があれば、人手を増やしたいと思っております。

元々、4人で営業していた僕らも今ではジジィとババァ、
2人の店になっちゃった。
でも今はこの事がマイナスの事とは思ってなくて
逆に理想に近くなってるのかも・・・

これはこれで悪くないものである・・・






  1. 2019/03/10(日) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

値段と技術

実家の近くにある
安い理容室と美容室が合体した店

前を通ったら大盛況でしたわ。

需要があるんだねぇ~
街を観察してると、普通の料金の美容室より
安い料金の美容室の方が生存率が高いんじゃないべか。

どうしてだ?

激安カラー専門店なんかは分かりやすいねぇ。
ターゲットが明確であるから。

それと、大問題が・・・

安い美容室に行ってみたら
普通の美容室とかわらなかったからぁ~


安い美容室のレベルが上がったのか?
普通の美容室のレベルが下がったのか?

後者であろう・・・

真面目な美容師さん達!
深刻な事態だとは思いませんか!


見たことあるでしょ。
『これ、美容師が切ったの?』ってなカットで
おかあさんが子供の髪切ったような出来上がり。

悲惨なカット、何回も見たことあるよねぇ~

修正不能な恐ろしいカットを見たことがある
美容師は少なくないだろう・・・

そんなんで、まぁまぁな料金を取ってたら
そりゃ~1000円カットに行っちゃうわなぁ~

安い料金の美容室にとって、普通の料金の美容室は敵じゃない
彼らの敵は、最低の料金で最高を望むモンスター客である。

時代的に安売りの理・美容室は必要だろうなぁ。
求めている人が居るんだからねぇ。

技術的な差別化が出来ていれば、
普通料金と安売りの美容室がお互いに無視していても
お互いの領域を侵さないはずなんだけどなぁ~

春に美容学校を卒業した子達が
その年の年末にお客様を担当してるなんてこと
をやってるから、
技術的な差別化が出来なくて、安売りに喰われる。

技術的に標準に達しないまま、お客様をやっちゃってる現実。
そのしわ寄せは、お客様にいってるのである。

安売り理・美容室の繁栄は、
美容師の技術力の低下と比例しているのかもしれない・・・












  1. 2019/03/03(日) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカにしてんじゃねぇ~よ

今、僕らが使ってるパーマ剤カラー剤
日本で売っているもので粗悪な物はありません。
その薬達は、いつも安定した力を発揮してくれます。
高い物も・・・安い物も・・・

「先生、新しいカラー剤なんですけど・・・
パンフレット置いておきます。」


P20211110021.jpg

それは、低刺激、優しさを最大にアピールするものであった。

P20201111017.jpg

P2020aaaa018.jpg

誰に売りたいんだべ?
オーガニックに天然由来・・・
ドラッグストアーのカラー剤コーナーに貼ってるような
パンフレットである。

専門的なことは、ほぼ書いていない・・・
素人さんにアピールするような上辺だけの説明。

バカにされてるようだ・・・

カラー剤による肌のトラブル原因の王様
ダントツでジアミン
その子分達で、過水とアルカリと続く。

このお悪玉3兄弟が存在するカラー剤に
優しさなどい!
これに天然由来成分を配合しても、
肌にも髪にもは厳しい製品であることには違いないのであります。

でも、子分たちのアルカリ過水は施術後に消すことが出来ます。
アルカリは各メーカーからバッファ剤という酸リンス的なものが出ていて
メーカーごとに特徴があり、使い分けが腕の見せ所でもある。

P20500aaaa25.jpg

過水は正しくは過酸化水素。
オキシドールと言ったら馴染みがあるかも。

これは、酵素で消すのが一般的だべか。

P20300111123.jpg

商品の裏に小さく小さく表示されてる成分を見ると・・・

P2030024.jpg

カタラーゼ
僕の感覚だと、消すというよりカタラーゼに喰ってもらう感じだな。

問題は、悪玉の王様『ジアミン』
これが、消せないんだよねぇ~
なぜ消せないか・・・
ちゃんと説明すると長~くなるからやめておくけど
早い話、カラー剤その物だから・・・ちょっと違うか・・・

メーカーは足すことばかりしとるんだわ
引くことは出来ないんだべかねぇ~

最近、ジアミンを除去するものが出たらしいんだけど
HP見たら、な~んか信用できん。

肌が弱い方からの、問い合わせが多いけど
このジアミンが存在する限り
カラー革命の夜明けは無いのでありました。
  1. 2019/02/17(日) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本物志向

なんか面白いネタ、ないかなぁ~
ネット見てたら・・・あった!

本物志向の美容室!

『本物志向』・・・大好物の題材であります。

『本物志向美容室』で検索したら沢山出てくるんだわねぇ~


全てにおいて本物志向!まるでヨーロッパにいる様な
感覚に浸れる♪広々としたリラックス空間

本物志向な大人女性へおすすめのオーガニックカラー
イタリアのオーガニック認証機関【ICEA】が認める高い安全性。
世界で唯一の『認証』を得たカラー剤
あなたの10年後、20年後の美しさまで考慮してトータルアドバイスしてくれる


いろんな『本物志向』のキャッチコピーが出てくるんだけど
意味わかる人いるんだべか?

本物志向ってなんだべ?

そもそも、偽物があるのか?

やたらとオーガニックだの天然素材だのシリコン不使用と書いてある。
でも僕らが扱う薬のほとんどが、劇薬で
それを扱うから国家試験があり、免許があるんだけどなぁ~。
あの薬のどの部分が、本物志向の天然素材なのかねぇ~?

それでは・・・

女性のメイクは偽物志向なのか?
メイク落としたら別人なんてこともあるからなぁ・・・

本物志向は、基礎化粧品だけのスッピン勝負ってことか?

将来、月旅行に行く予定の人だって・・・
スッピンだとこんなことになる・・・

20180630114111034.jpg

右の顔が本物志向だとしたら
僕は偽物で十分である。

僕が言いたいことは、本質を考えずに
『本物』を語らないで欲しいということ。

髪は傷むものであります。
美容室でパーマかけたり縮毛矯正したりカラーしたり・・・

自分を綺麗にするために、ある程度の髪の傷みを容認して
『綺麗』を手に入れるのであります。
そこに『本物』も『偽物』もないのであります。

シリコン使ってないから良い美容室的な
意味不明な事は書かない方がいい。

シリコンでも皮膜剤でも使って
艶が出て手触りが良くなれば
切れ毛が減るし将来の綺麗な髪につながる。
髪にメイクすると思えば、化学物質だって役に立つのである。

右の写真より左の写真の方がいいでしょ。
髪だって、ボサボサよりツルツルの方がいいに決まってるのであります。

一緒に月に行く予定の社長さん・・・
スッピンの顔、見たのだべか・・・?





  1. 2019/01/23(水) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (255)
自分 (64)
デブ (41)
お店 (177)
社会 (574)
パーマ (22)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (201)
プロ野球 (42)
カラー (53)
縮毛矯正 (87)
お客様 (65)
自然 (50)
芸能 (107)
グルメ (92)
ヘアケア (89)
スポーツ (106)
コスメ (7)
買い物 (124)
北海道 (245)
事件 (24)
年代 (97)
釣り (67)
旅 (9)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR