FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

これでいいんだべか?

今月、お隣さんの美容室がオープンしました。

お盆、休むんだべか?
オープンしたばっかりだからなあぁ~
休まないのかねぇ~

あれ!ホットペッパービューティー
に載せてたりするのかなぁ。

載ってたわ!

あららら・・・
予約状況も出てるわなぁ~

これさぁ~ じゃないんだべか?

『予約状況』と言ったら聞こえはいいけど
しい店なのかな店なのか、バレバレじゃないの。

同業者はさぁ~ 他店の小さな不幸は嬉しいもんでさぁ~
『あそこの店ヒマそうだ・・・』なんて喜んじゃう。
自分の店も暇なのを棚に上げてさ、ホッとする材料にしたりする。

集客もさぁ~  どうなの?

空きが目立つ美容室って警戒されないの?
それが、1人でやってる店だとリアル過ぎて
逆効果にならないんだべか?

これって『諸刃の剣』じゃねっ!

今の美容室って当り前のように
ホットペッパービューティーに出すみたいだけど
事業所で日本一件数が多いのが美容室なんだからさぁ
メジャーな媒体の中に入らないっていうのも生き残りの手段じゃないのかねぇ。

美容室を探す時にホットペッパービューティーを使わない人の方が
固定率が高かったりすると思うよぉ~

脱・ホットペッパービューティー委員会でした。

只今、会員1名。

追伸: ホームカラー撲滅委員会も、未だに僕一人です。
スポンサーサイト
  1. 2019/08/09(金) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3店目・・・

『となりの美容室、
内装工事してるみたいだけど辞めたの?』


人手に渡ったようである。

また美容室・・・
8月1日にオープンのようだ。

うちは、新しく出来る美容室からすると蚊帳の外である。

ジジィとババァがやってる店なんか相手にしてないだろう。
しかも、店主が太ったおっさんで美容師に見えないだからなぁ~
他店がライバル視するわけがない。
実際、近くに美容室が出来ても僕らにも影響しない。

だから、ライバルでも何でもない。

以前は美容室に限らず、起業して10年後に生き残ってるのは20%程度
と記憶していたが、最近はもっと厳しいらしい。

最近の生き残る確率は・・・
1年後:50% 3年後:30% 5年後:15% 
10年後:5% 20年後:0.3% 30年後:0.02%


もちろん業種などによって多少の差はあるけど、だいたいこんな感じらしい。
おおざっぱに言えば、独立して1年持つの半分くらい。
5年後には100軒の中で残るのは15軒
20年後だと1000軒に3軒
30年後だと10000軒の中で2件ということになるわけだ。


統計って、凄いもんでさ、周りを見渡すと
ちゃ~んと、その通りになってるもんなぁ~

うちはの店は、人生に例えると終活の時期である。
そして隣に出来る美容室は生まれたばかりである。
無事に成長期を迎えてもらいた・・・

ただねぇ・・・

隣の物件の店舗が変わるのが3回目なんだわ。
よく『貧乏神が宿ってる』と言われて
何をやってもダメな物件ってあるでしょ。
それって、貧乏神に取りつかれてるわけじゃなくて
立地とか駐車場とか、もっと現実的な理由があるんだわねぇ~

それでも、戦略を考えマーケティングの勉強をすれば克服できる。
未確認ではあるが、若いんだろうから
可能性は無限大である。

成功して美園が好きになってもらいたい・・・




  1. 2019/07/25(木) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誇大広告

商売をしていると、インターネット・フリーペーパーなど
宣伝に関するセールスの電話やDMがよくきます。

それは『あなたのお店の新規獲得のお手伝い』
という、新規獲得に困っているという前提ですなぁ。

そんな、仕事をしている会社は、似た様な活動をしている会社同士で
客の取り合いをしてるようです。

昔、僕も売り上げに困っていた頃
そんな会社の口車に乗り、やらかした経験があります。

その企画に乗ると、営業の人が来て店の
コンセプトこだわりを取材して
後に、出来上がった記事を持って来て手直しをします。

こんなことを繰り返すと落とし穴にはまります。

それは・・・
自分達が出来ることから離れて、
ウケるか、ウケないかになってしまうこと。

これです。

P6230057.jpg

理想の髪型にならない原因を解決って・・・

これってさ、美容師とお客様のエンドレスのテーマなんだよねぇ。
理想に近づけるために何度も通ってもらって
不満をひとつづつ潰していくんだねぇ。
それでも100点はもらえない。

それをいとも簡単に出来るかのように書いちゃって・・・

さらに、追い打ちをかけるように・・・

P6230ssss056.jpg

肌が弱くても安心って・・・
本当に安心していいのか?

僕はいつも言っている・・・
毒に栄養剤を混ぜても毒は毒!

僕らが使ってる薬のオーガニックって何なのよっ!
誰か、ちゃんと説明してくれや!

そして、そんな素晴らしい美容室なのに・・・

P62300qqqq56.jpg

こんなに割り引いちゃって・・・

僕も昔、ハマった落とし穴。
自分を見失ったら、原点に返ることである。

新規を獲得するよりも、
今来てくれているお客様の満足度を上げること!

それは、癒しだとかリラックス効果などではなく
僕ら本来の仕事である髪の仕上がり

今来てくれているお客様が満足しなければ
新規を獲得しても、固定客にすることは出来ません。
そうしたら、永遠に必死になって新規の集客をしなければいけないのだから・・・

  1. 2019/07/14(日) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カリスマもみ師

IMG_09wwww64.jpg

兵庫県のカリスマ美容師美容師
お客様のオッパイをもんで逮捕された。

なんじゃそりゃ?

IMG_0911166.jpg

営業中にだぞ!

下着の中まで手を入れて・・・
下半身まで触ってきて・・・


被害者は続出していて、これからも増えるらしい。

彼は言っております。
IMG_0qq962.jpg

彼の『バカ』の基準は何なんでしょうかねぇ~

ちょっと触ったっていう程度じゃないらしいぞ。
ガッツリ握ってきて、モミモミしたんだってよぉ~
さらにお客様を立たして、お尻をもんだり、
股間のきわどいところまで触ってきたんだって・・・

僕がやったらどうなるべ・・・
おばちゃんが多いからなぁ~
『そこじゃない!もっと右!』なんて言われたりして・・・

乳もみ3年、尻8年
彼はまだ修行か足りなかったのか!

俺は、何を言っているのか・・・失礼しました。

僕のような美容師がスケベな雰囲気を出したら
お客様は消え去ってしまう。

僕は紳士である
『心は錦』なのだ・・・
  1. 2019/06/27(木) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気の毒なカット

ent180330kkk0aaaaaa013-p1.jpg

最近、こういうボブ、流行ってるんだべか・・・
芸能人も沢山見かける。
美容師なのに流行にうとくてねぇ~

たまに、地下鉄なんかに乗ると
やっぱり周りの人の髪型を見ちゃうんだけど
多いなぁ・・・こんな髪型。

このスタイルは、美容師にとって
腕の見せ所だからなぁ~

技術の差が見え見えになっちゃう。

ラインが上手く出せないと、バンバン削いじゃってさぁ~
毛先がバッサバサになってて落ち着かない。

yjimageH5FkkkQDLZ0.jpg

原始人の髪型みたいになっちゃってる人や
はたまた、パッツンって切られてて
自衛隊のヘルメットみたいになってる人も・・・

CpA81YjVYaaaaAAFlMp.jpg
あら、禁断のピエール瀧の写真でした・・・失礼しました。

クセ毛の方がこの髪型にしようと思ったら
縮毛矯正をかけたくなるんだけど
これもさぁ~毛量が足りなくて細毛だったりすると・・・

retiqqqqna_foodpic7qqqqq264265.jpg

おむすびに海苔が、
くっ付いたようになっちゃうから要注意なのである。

あと、襟足だ。
クセ毛と言うより、生えてる方向だな。
襟足の毛が上に向いて生えてる人っているでしょ。
周りにけっこう居るぞ。
逆に、素直に生えてる人の方が少ない。

『襟足スッキリ』なんて切っちゃったら
お行儀の悪い襟足が大暴れするから
美容師さんに相談しよう!

ボブって言うとさ、僕ぐらいの年代は
『内側短くして、上からかぶせて・・・』
なんて、いまだに覚えてたりする。
あの頃は、一般の人にも浸透してて知ってたもんだ。

時代は進んでるんだ・・・
こんなことを言ってちゃいかんのである。

綺麗なボブを求めてる人は
安売りの美容室には行っちゃいかんぞぉ~

しばらく、ヘルメットなんて嫌でしょ・・・


  1. 2019/03/18(月) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (270)
自分 (64)
デブ (42)
お店 (177)
社会 (580)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (205)
プロ野球 (43)
カラー (53)
縮毛矯正 (88)
お客様 (65)
自然 (51)
芸能 (110)
グルメ (101)
ヘアケア (91)
スポーツ (109)
コスメ (7)
買い物 (127)
北海道 (248)
事件 (25)
年代 (100)
釣り (71)
旅 (10)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR