FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

逃げたのかな・・・

以前に近所の美容室が・・・
という記事を書いたんだけど
その時は形態を変えてやってるという情報が入ったんだけど
やっぱり潰れたみたいだ・・・

まったく明かりが点かない。

ちゃんとした形でやめたんだべか?
それとも
逃げたんだべか?


店舗はそのままで、張り紙の告知すらない。
だいたい、こういう場合は・・・ヤバイ。

1年以上前からお金に困っていたのは知ってた。

ある会社から料金未払いで訴えられて
裁判になってたからさぁ・・・


その金額が20万円くらいって聞いてたからなぁ。
金銭トラブルの場合、少額になればなるほど
切羽詰まってることが多いでしょ。
20万円くらいで裁判なんてねぇ~
僕の耳に入ってきたのはその1件だけだけど
他にもあるんだべなぁ~

そこのオーナーが勤めていた美容室のオーナーは夜逃げをした。
これが因果というやつなのか・・・

こういうのってパターンがある。

こんな人手不足なのに働き方改革なんていうご時世に
極端な営業時間の延長とか、無休化などをし始めたら
ゾーンに入ってることが多いぞぉ~。

さらに、不必要な店内改装をしたり、
『この場所大丈夫?』ってな所に支店をつくり始めたら
それは、資金繰りの自転車操業の末期だったりする。

まぁ、こんな感じで店が無くなってもお客様には影響が無いんだけど
気を付けなければならないこともある。

金券発行である。

1万円で金券を買うと1万3千円分の金券が・・・
なんてさ、聞いたことあるでしょ。
表向きは『日頃の感謝を込めて・・・還元』なんだけど
やってることは料金の先取りで、お金を集めてるだけ。
その先取りしたお金を使い切った時に店が無くなるぞぉ~

お得なはずが損をする。
被害者になりませんように・・・
スポンサーサイト



  1. 2019/12/17(火) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

集客

当店の受付表は2月に入りました。

PC050sss006.jpg

などと、自慢しておりますが・・・

12月だっていうのに先週は・・・
忙しくなかったんですわぁ~!

キャンセルの猛攻で、1日2時間くらい空いちゃってさぁ~

まぁ~ もったいない。

不思議とキャンセルって重なるんだよねぇ~

帯状疱疹出た・・・
親が倒れた・・・

皆さん、常連のお客様でうちの事情を分かってる方ばかりなので
ルール違反のキャンセルは無いんだけど
1週間で5人のキャンセルはキツイぜぇ~
その後に、『待ちますよ』という条件で
無理やり予約を詰め込むんだけど、そのことで
元から入ってるお客様を待たせないのが鉄則だからさ~
それがキツイのよ・・・

ポッコリ空いたキャンセル、新規から電話がこないかなぁ~
なんて都合の良い事を考えても、そう上手くはいかない。

新規はどれくらい取れてるのかなぁ~と思って調べたら
1カ月平均1人だった。

それでも1カ月1人はやれてたんだ・・・
問い合わせの電話はたくさんもらうんだけどなぁ~

最近は新規獲得のお手伝いということで
セールス電話がよくかかってくる。

なんでも商売にしてしまう。
おそらく、効果が出なくても返金は無いんだろうけど・・・

グーグルからも電話が来たなぁ~
ストリートビューに店舗の情報を入れ込むらしいぞ。
当然、料金が発生する。
断わった・・・

新規獲得にお金をかけるのであれば
既存のお客様にお金をかけるべきだと考えてる。

3割の常連のお客様が75%の売り上げを作ってくれている
ということを考えると、既存のお客様の再来店率を上げることに
お金と神経を使うことが最優先と言うのが僕の理念であります。

今の、常連のお客様は、元々はどこかの
失客だったということを忘れてはならないのであります。


絶対に、失客しないお客様なんて存在しないんだから・・・



  1. 2019/12/10(火) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

癒し

フリーペーパーを見ていたら、美容室の広告で
『隠れ家風、女性スタッフだけの癒しサロン』
が載っていた。

このキャッチコピーの意味をが分かる人っているんだろうか?

隠れ家ってなんだ?
こうすると『ふう』になるって、あるんだべか?
隠れる必要のあるお客様って・・・芸能人?・・・沢尻?・・・

『癒し』という言葉は、美容室の広告などでよく目にするねぇ。

美容室においての癒しとはなんだ?

美容室では、ビニールキャップをかぶらされて、他人には見られたくない姿で
薬を塗られ、特にパーマなんか液体が頭をダラダラと流れる不快な感覚。
心地良い音楽を聴いたって、アロマの匂いを嗅いだって
癒しには程遠い状態である。

ただ、その不快感があるから、それを洗い流した瞬間は
『気持ちいい』という感覚があるが・・・

それでは、全く『癒し』が無いかと言うとそうではないと思う。

それは・・・

誰かの悪口を言う!

自分の身近な人が絶対に来ることが無い
自分だけの行き付け美容室では言いたい放題である。

自分の都合が悪いことは言わなくていい。
ちょっと脚色したって、僕らは知る由もない。

旦那の悪口はもちろん
お姑さん、義理の兄弟は王道である。

当然、職場の人間関係の悪口も多い。
以前は、上司の話が多かったんだけど
人手不足の時代になってからは、若い子の悪口が主体になっていて
『上司も自分も若い子には手を焼いていて我慢してる』

そんな悪口を、自分だけの場所で、
普段の自分を知らない人にぶちまける

これでスッキリしたら、これも癒しだよねぇ。

この時に、聞く側がやってはいけないのが
話を取り上げる。

『私も・・・』なんて自分の話を聞かせてしまってはダメである。

『癒し』なんてもんは、売り物にするものではない。
自慢できる技術があれば、そちらを宣伝するだろう。

Doctor-X 外科医・大門未知子は、言っている。
『医師免許が無くてもできる仕事はいたしません』

まぁ、僕らはそんなキレイ事では仕事にならないけど
美容師免許が無くても出来ること
髪に関係ないこと

で、客寄せしてる美容室は危険がいっぱいであると考える・・・
  1. 2019/11/24(日) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また一つ・・・

当店の近く・・・
地下鉄駅の真上にある美容室が、しばらく営業してない・・・


噂では、営業形態が変わって『面貸』になったんだとか。
フリーの美容師を集めて、全員から家賃を取り、売り上げをピンハネして
生き血を吸うシステム。

最近は、営業が成り立たなくなった美容室が苦肉の策でやるのが目立つなぁ。
そこで働く人も、東京では1ヶ月の給料が100万円を超える人達もいるよだけど
物価も人口も違い過ぎる札幌でしっかり稼いでいる人を見たことが無い。

その美容室が面貸になったにしても
昼間は見に行けないが、夜は毎日照明が点いてない。

営業形態を変えても稼働してないのであればアウトである。

近所の美容室では1番頑張ってほしい店だった。
なぜなら、そのオーナーは近所のチェーン店で働いていて
ある日突然、その店の社長が逃げちゃってさぁ~
それで、慌ててオープンしたようだったものなぁ~

犠牲者からのスタートだもの・・・あんまりだぁ~

その夜逃げした社長の評判が悪くてさぁ~
夜逃げする何年も前からお金に困ってる噂が流れてて・・・
従業員達は知らなかったんだべなぁ~

独立の時に、それまで働いていた店で
成功例を見たか、見なかったかでは
具体的なビジョンの立て方が全然違ってくる。
最後に夜逃げを見て、独立って可哀想過ぎるのである。

借金が無ければいいなぁ~
あそこ、家賃が高いって話だったからなぁ・・・

そうだっ!うちで働かないべか?

ことは、そんなに簡単ではない状況であろう・・・
たしか去年、金銭トラブルで訴えられるって話を
訴える側の業者の人から聞いたから噂ではないし・・・

美容室に関係ない業種だったから、なおさらヤバイかも・・・

明日は我が身・・・気を付けよう。





  1. 2019/11/04(月) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これでいいんだべか?

今月、お隣さんの美容室がオープンしました。

お盆、休むんだべか?
オープンしたばっかりだからなあぁ~
休まないのかねぇ~

あれ!ホットペッパービューティー
に載せてたりするのかなぁ。

載ってたわ!

あららら・・・
予約状況も出てるわなぁ~

これさぁ~ じゃないんだべか?

『予約状況』と言ったら聞こえはいいけど
しい店なのかな店なのか、バレバレじゃないの。

同業者はさぁ~ 他店の小さな不幸は嬉しいもんでさぁ~
『あそこの店ヒマそうだ・・・』なんて喜んじゃう。
自分の店も暇なのを棚に上げてさ、ホッとする材料にしたりする。

集客もさぁ~  どうなの?

空きが目立つ美容室って警戒されないの?
それが、1人でやってる店だとリアル過ぎて
逆効果にならないんだべか?

これって『諸刃の剣』じゃねっ!

今の美容室って当り前のように
ホットペッパービューティーに出すみたいだけど
事業所で日本一件数が多いのが美容室なんだからさぁ
メジャーな媒体の中に入らないっていうのも生き残りの手段じゃないのかねぇ。

美容室を探す時にホットペッパービューティーを使わない人の方が
固定率が高かったりすると思うよぉ~

脱・ホットペッパービューティー委員会でした。

只今、会員1名。

追伸: ホームカラー撲滅委員会も、未だに僕一人です。
  1. 2019/08/09(金) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (320)
自分 (64)
デブ (45)
お店 (181)
社会 (645)
パーマ (24)
炭酸泉 (23)
休み (94)
美容業界 (209)
プロ野球 (44)
カラー (54)
縮毛矯正 (88)
お客様 (66)
自然 (59)
芸能 (122)
グルメ (110)
ヘアケア (100)
スポーツ (127)
コスメ (8)
買い物 (136)
北海道 (261)
事件 (25)
年代 (109)
釣り (83)
旅 (12)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR