FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

転勤は必要?

近所の郵便局に行ったら、窓口の女性が美人さんに代わってた。
4月だからなぁ~ 移動があったんだろうねぇ。

そこは、郵便と振込みなどのお金を扱う窓口が、計3つしかない小さな郵便局。
今までは、顔も覚えてもらっていたので、世間話なんかもしてたんだけど
人が変わったら、事務的でちょっと寂しかったねぇ。

こんな時、いつも思う・・・
地域密着が有利なところで、移動が必要なんだろうか?

企業の転勤や移動の本質は何だろうか?
転勤した事が無いから分らんのです。

業績不振な地域でのテコ入れなら理解できるのだけど
そうでもない移動が多いような気がするんだけどなぁ~

うちの取引先の材料屋さんも担当が代わった・・・
地方サロンの開拓で、今までの人がそちらに回るんだとか。
会社の事情があるんだろうけど、
僕らは、会社とお付合いしている気は無い。
人と人の付き合いで取引相手を考えている。

今は僕らの業界も、同じ材料が、安く通販で買えるし、
他の材料屋さんでも買えるからねぇ。

僕らが本当に欲しいのはどこでも買える材料ではなく
情報や提案だったりする。

その材料屋さんの新しい担当が、新人になったんだけど
この材料屋さんの担当が代わったのが4回目。
そのたびに取引が少なくなっていく・・・
そしてその分は、個人でやっている材料屋さんへ移行する・・・
新規開拓も大切だけど
既存客の確保はもっと大切だと思うんだけどなぁ~

お客様にとっての美容師も同じことが言えるだろうねぇ。
お客様が美容室を変える理由で多いのが
『担当美容師が辞めた』
違う担当者に代わる事無く、それを期に美容室を変えることが多い。

美容室ではなく美容師を信頼してたって事だろうねぇ。

多店舗化している美容室では、スタッフが独立した時のダメージを減らすために
定期的に移動させるって話も聞いたことがあるなぁ。

自分を認知していてくれる場所は居心地が良いものだ。
特に僕のような家族の居ない者にとっては
自分が常連になることによって
優しくしてもらえる、心安らぐ場所作りを怠ると
本当の一人ぼっちになってしまうねぇ。

消費者の価値感がブランドから人へ変わってきた今、
企業も変わっていかないと、取り残されるのではなかろうか・・・




スポンサーサイト



  1. 2016/04/17(日) 07:00:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北海道脱出 | ホーム | まだ寒い・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cutperm.blog.fc2.com/tb.php/1567-3c810f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (277)
自分 (64)
デブ (42)
お店 (178)
社会 (589)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (205)
プロ野球 (43)
カラー (53)
縮毛矯正 (88)
お客様 (65)
自然 (53)
芸能 (111)
グルメ (102)
ヘアケア (92)
スポーツ (113)
コスメ (7)
買い物 (128)
北海道 (249)
事件 (25)
年代 (102)
釣り (76)
旅 (10)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR