FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

15分で勝負

縮毛矯正は普通のパーマと同じで1液が効いていないと伸びましぇ~ん。
だから通常、ある程度時間を置いたら軟化チェックといって
薬が効いているか確かめてから次の工程に移ります。

縮毛矯正の経験がある方は「もう少し時間を置きます」
時間を延長された覚えがある方も少なくないと思います。

そのチェックは数カ所の効き具合を見るのが通常ですが
効きの悪いカ所があれば、当然そこの伸びが悪くなるわけだから
さらに時間を置くのだけれど、これが失敗の始まりだったりするんだねぇ。

一つの頭から生えてる髪も、同じ髪質ではないのは当り前。
当然、薬が効きやすいところもあれば、なかなか効いてくれない部分もあるわけだ!

それをだよ・・・
薬が効きにくい髪に合わせて、
他の髪も時間を置いたらどうなるだろう?


素人さんも「言われてみれば・・・」って思うはず。

そうです、髪質的に弱いカ所の髪はヤバイことになっとるんです。
その時は成功したように見えても
2回目、3回目で・・・
同じ美容室でやってるのに失敗・・・
なんてことになっちゃったりする。

根元の新生部とそこからの過去に縮毛矯正をかけたことのある
既存部に同じ薬を付けちゃうのは論外
今日はそういう話ではない。
同じ新生部でも、かかりやすい部分とかかり難い部分のお話。
一つの頭の髪も、部位によって薬の効きが違うってこと。

縮毛矯正の部位によっての薬の効き方の違いは
美容師にとって、頭の痛いテーマであります。

そこで当店では、軟化チェックはいたしましぇ~ん
ほぼ15分で1液の放置タイムを終了し、すぐに流してしまいま~す。

それは15分で軟化する薬を部位ごとに使うからであります。
軟化しずらい部位は、事前に前処理をして薬が効きやすくし
このタイムラグを克服しております。

縮毛矯正の失敗のほとんどは
薬の効き過ぎとそこへの高温のアイロンが原因であります。

その悲しい結末を防ぐ最大の注意点は
適材適所なのであります。

僕らの方法だって完璧ではありません。
まだまだ、であります。

でも、自分のやってることに疑問を持ったら
その改善を、し続けることが大切なのでありました・・・
スポンサーサイト
  1. 2018/01/28(日) 07:00:00|
  2. 縮毛矯正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<消費カロリーはどこへ? | ホーム | しつけ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cutperm.blog.fc2.com/tb.php/2225-4bca8025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (250)
自分 (64)
デブ (40)
お店 (176)
社会 (573)
パーマ (22)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (201)
プロ野球 (42)
カラー (53)
縮毛矯正 (87)
お客様 (65)
自然 (50)
芸能 (107)
グルメ (90)
ヘアケア (88)
スポーツ (106)
コスメ (6)
買い物 (121)
北海道 (241)
事件 (22)
年代 (96)
釣り (64)
旅 (9)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR