FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

間違ったイメージ

いろんな学校で、入学式を迎えてるけど
今年の美容学校は、定員を満たしているんだろうか?

学校として成り立っていけるんだろうかねぇ。

美容学校の先生は常勤と外部からの非常勤の先生がいるんだけど
今、考えると・・・
常勤の先生って、美容師崩れなんだよなぁ~

「美容師になるにはねっ!」とか
「髪、1本1本を大切に・・・!」などと
偉そうなこと言ってたなぁ・・・

でも、先生は夏休み冬休みといった長期の休みもあるし
ゴールデンウィークだって休みだ。

しかし、教え子達が旅立つ先はその先生の境遇とはかけ離れた世界で
非常に厳しく辛いのである。
そして、先生たちはそれを回避して美容学校の先生になったと
考えるのが自然だ。

学生の頃は、そんなこと考えないで、真に受けてけど
今、思うとアホらしくなるなぁ。

年配の怖い女性の先生が居たんだけど
「お客様に喜んでもらえるような・・・」
って、よく言ってた。
叱るような口調で、諭すように・・・

でもさぁ~

本当にお客様に喜んでもらえる喜びを知ってしまったら
現場から離れられなくなる。
学校で先生をやってるってことは
その喜びを知らないからじゃないのかねぇ~

そんなんだから、授業内容だって発展性が無い。
教科書をそのまんま・・・

パーマがかからないとか・・・
染まりずらいとか・・・

現場の苦悩を知らないから、使えない授業を繰り返してる。

いい例が・・・
5555ss.jpg

これはパーマがかかる仕組みを図で表したものなんだけど
美容師はみんな、このイメージを持っている。

しか~し!

これは平面に表すから、この図になるだけで
髪は立体である。

僕も、ずぅ~っとパーマに対してこのイメージを持っていた。

でも、上の図にある切断再結合を、それぞれ
溶ける固まるにイメージを変えたら
パーマを立体的に考えることが出来るようになり
発展性が出てきて考えやすくなった。

これが正解・不正解は別として、生きた髪と格闘して来たから出てくる
発想であって、美容師としての寿命が短かった先生達には
分からんだろう。

もう少し学校自体が変わらんかねぇ~

せめて、サービス業に従事する為の専門学校だったら
週休1日にして土曜は半ドンにするとか・・・
夏休み・冬休みは10日くらいにするとか・・・


でも、そんなことしたら今度は
先生たちが辞めちゃうんだろうなぁ~
生徒には偉そうなこと言ってるのに・・・

すでに人手不足が蔓延してるサービス業は
前途多難である。
スポンサーサイト



  1. 2018/04/09(月) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<協賛金 | ホーム | 年間購読開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cutperm.blog.fc2.com/tb.php/2298-92bdb13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (277)
自分 (64)
デブ (42)
お店 (178)
社会 (589)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (205)
プロ野球 (43)
カラー (53)
縮毛矯正 (88)
お客様 (65)
自然 (53)
芸能 (111)
グルメ (102)
ヘアケア (92)
スポーツ (113)
コスメ (7)
買い物 (128)
北海道 (249)
事件 (25)
年代 (102)
釣り (76)
旅 (10)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR