FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

勤労奉仕団

お客様からのお土産。

P6080026.jpg

普通のボールペン?

よ~く見ると!

P60800255557.jpg

菊の御紋

「勤労奉仕団に行ってきたのよ~!」

きんろう・・・ごほうしだん?
防弾少年団じゃなくて・・・ご奉仕団?


知らない人も多いんじゃないべかねぇ。
僕は初めて知りました。

勤労奉仕団とは・・・

①資格 満15歳?満75歳までで、軽作業が可能で自分の健康に責任が持てる人。
 皇居内は広く、作業場所まで毎日かなりの距離を歩きます。また、
 15名?60名の団体での参加が条件となります。まずはなんらかの
 ご縁のある方の団体に参加するのがハードルが低いと思います。

②日程 連続する平日の4日間(7、8月を除く) したがって、月?木か、火?金という日程となります。

③時間 8時?16時 実際の作業時間は長くても午前と午後2時間ずつぐらいです。
 宮内庁の職員の方が皇居内を案内してくださったり、
 両陛下や皇太子殿下にご会釈いただいたりといった時間がかなりあります。
 セキュリティの都合等で早めに集合しますので、待機の時間もけっこう長いです。

④服装 作業に適する汚れてもよいもの。ほとんどの団体は、
 上に着るフリースやウインドブレーカーをお揃いにしてユニフォームにしている感じでした。

⑤費用 奉仕への参加そのものは無料ですが、参加に関わる経費は自己負担となります。
  主なものは、交通費、宿泊費(自宅から通えない場合)、昼食費(弁当代)、雑費(軍手など)、
 上記のユニフォーム代などです。

⑥注意点 奉仕期間中の写真撮影は禁止です。あとは危険物の持ち込み禁止など一般的なものです。


だ、そうです・・・

まぁ、いろんな厳しい規則の中で、
皇居内の掃除を奉仕するということらしいんだけど
清掃活動はまったくの無報酬で、交通費も宿泊費もすべて自己負担。

これは、昭和天皇の提案で始まったんだとか。
賢所(かしこどころ)も見れちゃったりしたんだってさ~。

そして一般の人は入れない売店があって
そこでボールペンを買ってきてくれた。

正直、プラスチック製で見た目も、触った感じも高級感は無いんだけど
書いてみるとスラスラスゥ~なのよね~
さすが御用達って感じだねぇ。

売店には、日本酒やぐい呑、ワイングラスなど、本当にいろんなものが売っていて、
しかもどれも良心的な価格らしい。
人気があるのはお財布のようで、長財布、二つ折り、小銭入もあって、
菊の御紋が入ってるんだってさぁ~
菊の御紋入りの財布だったら僕も欲しいなぁ・・・
ご利益ありそうだもんねぇ~

菓子類も豊富で、文明堂のカステラや、チョコレート・紅白のお饅頭も売ってるらしい。

勤労奉仕団は4日間と決められているそうだから
僕には行けないけど、売店には行ってみたいなぁ・・・

勤労奉仕団に興味がある方は、調べてみてください。
スポンサーサイト



  1. 2018/06/16(土) 07:00:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スーパースター | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cutperm.blog.fc2.com/tb.php/2366-74415f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (277)
自分 (64)
デブ (42)
お店 (178)
社会 (589)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (205)
プロ野球 (43)
カラー (53)
縮毛矯正 (88)
お客様 (65)
自然 (53)
芸能 (111)
グルメ (102)
ヘアケア (92)
スポーツ (111)
コスメ (7)
買い物 (128)
北海道 (248)
事件 (25)
年代 (102)
釣り (76)
旅 (10)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR