FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

シャンプーの歴史

ちょっと前までノンシリコンと騒がれていたが
興味がある人が使い、思ったような成果が出ず、すっかり勢いが無くなった
ノンシリコンシャンプー。

そもそも、髪に最初にシリコンを塗ったくったもは美容師だ。
それが、手のひらを返したようにアンチ・シリコンを叫び
シリコンが入っていない商品を売ろうというのは無理がある。

とは言うものの、汚れを落とすという大事なお仕事があるシャンプーを
使ったら、それだけで髪がツルツルになるというのもおかしな話

消費者はシャンプーに求めるものが過剰になってるような気がする。
これがシャンプーの歴史だねぇ。

今は、シャンプーと言ったら液体が当り前だけど
液体シャンプーが誕生したのは昭和39年
まだ50年そこそこであります。
液体シャンプーの歴史は僕が生まれた後から始まったんだねぇ。

では、その前は・・・

江戸時代は何で髪を洗っていたのか?
うどん粉や卵の白身、油かすなどで
特に重宝されていたのが
マゲを結うためにかなりの油を使ってたから
それを落とすために灰が良かったんだろうなぁ。

明治の人は火山灰白土かまどの灰を混ぜたものを使ってたらしい。

大正・昭和でやっと洗剤らしくなる。
粉石けん配合の髪洗い粉という
髪専用の洗剤が登場するんだねぇ。

それでは『シャンプー』という名前で売り出されたのはいつか?

昭和元年である。

原料は、白土や椿油のしぼりかす、粉石けんを布海苔で混ぜ固めたもの。

そして昭和7年くらいに石鹸質の固形シャンプーが登場。

さらに、昭和30年頃に高級アルコール系シャンプーが発売されるが
まだ、粉末であり液体ではない。

昭和30年代生まれ迄の人の中には
粉末シャンプーの記憶が薄っすらと残ってる人がいるんじゃないべか。

こんなシャンプーの歴史をたどると
今のシャンプーって贅沢だろう~

余計物をいっぱい配合して、いい匂いまで付けて
洗っただけでツルツル・・・

『どんなシャンプーを使ったら・・・?』
という質問をよく受けるけど、それは・・・
自分が気に入ったシャンプーであります。

と、いうか・・・
気に入ったら、使い続けることが出来るもの。

金銭的に余裕がある時だけ高級シャンプーやトリートメントを買っても意味が無い。
気に入っても、使い続けることが出来なければ、それは無駄使いになっちゃう。

『今の髪を何とかしたい』と思って高級なヘアケア商品を使っても何ともならないのが現状。
それならシリコン漬けで十分であると僕は思ってる。
高級なヘアケア商品は、これから生えてくる髪を傷めないために使う
と、考えるべき。
だから、使い続けることが出来ない金額の物は避けて
その範囲内で買える商品を選んだ方が良いだろうなぁ。

『髪は女の命』と言いますが
すでに傷んだ髪を何とかするよりも
生えてきた髪を綺麗に保つ方が、その『命』は輝きます。
そしてその人自身が生き生きしていればなおさらです。

髪にかけるお金のウェートを考えて
商品を選びましょう!
スポンサーサイト



  1. 2019/09/15(日) 07:00:00|
  2. ヘアケア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋茄子は俺に食わせろ! | ホーム | 素敵な名言>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cutperm.blog.fc2.com/tb.php/2825-98f958cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (282)
自分 (64)
デブ (42)
お店 (178)
社会 (593)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (205)
プロ野球 (44)
カラー (53)
縮毛矯正 (88)
お客様 (65)
自然 (54)
芸能 (111)
グルメ (105)
ヘアケア (92)
スポーツ (119)
コスメ (8)
買い物 (130)
北海道 (250)
事件 (25)
年代 (102)
釣り (77)
旅 (11)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR