FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

色落 1

先日、ご紹介のお客様が来てくれよ。

そのお客様はかなり悩んでいたねぇ
白髪染めなんだけどね、
テニスをしているらしいんだけどね、テニスの最中汗をかなりかくんだねぇ
そしたら、帽子サンバイザーとかウエアーのなんかが
染めた色が落ちてきて、色が付いちゃって、使い物にならなくなっちゃうんだねぇ。
何件か違う美容室に行ってみたけどダメだったらしいよ。


染めたことのある人は多いと思うよ。

染めの放置タイムが終わって最後にシャンプーするよねぇ。
そのシャンプーの最後の最後、自分の頭を流した
お湯が透明になってると思っているよねぇ。

ところが80%以上のお店は色が出てる状態のまま、
『お疲れさまでした』って終わっていると思うよ。
お客様は寝かされた状態だから確かめることが出来ないねぇ。

どうしてこんな事になっちゃうんだろうねぇ。

理由はいくつかあるけどよく見る原因が2つあるよ。

ひとつは手が遅い。
塗布のろまってことだねぇ。

通常のヘアダイの場合、1剤と2剤を混ぜるよねぇ。
ヘアダイの薬は混ぜてから賞味時間があるんだねぇ。

染まる仕組みの中に、分子同士がくっ付いて大きくなるって言うのがあるんだけど、
小さく入って中で大きくなることで、毛髪に入ってきた入り口よりも大きくなるから
出ていかない、って仕組みなんだねぇ。・・・わかる?

薬をカップの中で混ぜた時からこの反応は始まるからねぇ、
塗布が遅いと、カップの中で分子同士が結合して大きくなっちゃうから
毛髪内部に入れなくてキューティクルに引っかかるだけ
になってしまうと思うんだねぇ。


そうなると、わかるよねぇ。
濡れる度に色素が剥がれ落ちてくるんだねぇ。

賞味時間切れはお客様にもわかるよ。
それは、自分に塗られている薬の色だねぇ。

薬の色は最初、希望の色と全く違うんだ。
それが、この結合と共に発色して希望の色へと変色するんだよ。

だから、自分の頭に塗られてる薬の色が、
暗いブラウンだったらアウト

まあ、ひとつの目安だけどね。

色落ちの原因のもうひとつがphなんだけど、それはまた明日。

スポンサーサイト
  1. 2012/02/19(日) 07:00:00|
  2. カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<色落 2 | ホーム | 服屋さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cutperm.blog.fc2.com/tb.php/38-25f74d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (251)
自分 (64)
デブ (41)
お店 (176)
社会 (573)
パーマ (22)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (201)
プロ野球 (42)
カラー (53)
縮毛矯正 (87)
お客様 (65)
自然 (50)
芸能 (107)
グルメ (90)
ヘアケア (88)
スポーツ (106)
コスメ (6)
買い物 (121)
北海道 (241)
事件 (22)
年代 (96)
釣り (64)
旅 (9)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR