FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

偽善

僕が、勤めていた時からのなが~いお付き合いのお客様。
そのお客様の息子さんが美容学校に行くことになったよ。
いろんな事があって、中学卒業後高校進学はせずに美容学校を選択したよ。

でも、中卒を受け入れる学校が無くて、やっと探したんだねぇ。

親子で、学校見学に行って校長先生に会って説明を受けたらしいよ。
お母さんは言っていたよ
「子供を見てイイ目をしてるねぇって言ってくれてさぁ、イイ学校みたいだったからほっとした。」
「君の努力しだいで、のし上がっていける世界だから・・・」
とも言ってたらしい。

その校長先生は、今も数件の美容室を経営していて
学校と掛け持ちしてるんだって。

僕は、こんな話を素直に聞けないんだねぇ。

だって今の、美容師の環境を作ってきたのは、この年代の人達だからねぇ。
僕らの業界は完全に社会から取り残されていると思ってるよ。
それを改善せずにいままで、黙認してきた人達だから
言葉でカッコイイ事いっても、偽善にしか思えないねぇ。

1日10時間以上も働いて、休みも少ないし
社会保険が無いのは当たり前だし、ボーナスなんて見た事ないってぇのがほとんどだよ。
僕が店を出すときに、社会保険を付けたら馬鹿にされたよ。
正社員と呼ばれるアルバイト状態って店ばかりっていうのが現状だよ。

一般社会で当たり前の事が、当たり前じゃない業界に
飛び込んでくる中卒の少年に、この校長先生は
現実を全く説明していない・・・親にも・・・

学校がこんなんだから、美容師の離職率超高いんじゃないの?
金儲けばっかり考えて、1年制から2年制にして
卒業しただけで国家試験を受けれるようになったけど
結果的に、美容室で働いていない美容師免許保持者だらけになっちまってるねぇ。

1年制の時代は卒業後1年間は美容室で働かないと国家試験を受ける権利が発生しなかったから
みぃ~んな、1年間は歯をくいしばってがんばっていたもんだよ。
そして、その期間でやりがい目標なんかを見つけた人間は続けるし、
そうじゃない人間は離職するって感じだったと思うんだけどなぁ。

それが、今は崩れちゃってるのが残念だねぇ。

自分を信頼してくれるお客様が出来たときに
美容師を辞めれなくなるよ。
そこまできたら、最高に面白い仕事なんだけどねぇ。

そんな仕事の面白さをあじわえるところまで到達できる
仕組みが必要だねぇ。
難しいけど・・・言ってる僕も出来ていないからねぇ。
スポンサーサイト



  1. 2013/03/13(水) 07:00:00|
  2. 美容業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホワイトデー | ホーム | ジジババ奮闘記セカンドステージ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cutperm.blog.fc2.com/tb.php/428-f7e5d538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (277)
自分 (64)
デブ (42)
お店 (178)
社会 (589)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (205)
プロ野球 (43)
カラー (53)
縮毛矯正 (88)
お客様 (65)
自然 (53)
芸能 (111)
グルメ (102)
ヘアケア (92)
スポーツ (111)
コスメ (7)
買い物 (128)
北海道 (248)
事件 (25)
年代 (102)
釣り (76)
旅 (10)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR