FC2ブログ

太ってたって美容師だ。

札幌で小さなお店をやっている、美容師に見えないメタボなおっちゃん美容師の、仕事やプライベートでの笑いや怒りなど、いろいろな思いを綴ったブログです。

カラー後のシャンプー

ヘナでもない、マニキュアでもない
普通のヘアカラー後のシャンプーのお話し。

同業者の友人が腰痛に悩んでる。
聞くとカラー後のシャンプーの時に5~6回もシャンプーするから。
色落ちを完全に止めるためらしい・・・
そのことを『愛情シャンプー』と呼んでいたねぇ。
色落ちが止まらないのは、洗い足りないからじゃなぁ~い
と思ったけど、っていたよ。

僕が考える、カラー後のシャンプーで色落ちが止まらない3つの原因

洗い足りない
 これは、論外だねぇ。雑なだけ

塗布が遅い
 1液と2液を混ぜたときから、染まる仕組みが働きだすよ。
 薬が入ったカップの中はどんどん発色して色が変わっていくんだねぇ。
 この発色する過程に髪の中に色素が留まる仕組みがある。
 だから、のんびり塗布してたら、カップの中で反応が終了してしまうねぇ。
 反応が終ってしまった薬をつけても、それは染まりじゃなく汚れ!
 カラーの放置タイムって15分~20分くらいなのに、塗布に20分もかかってたら
 最初に塗布したところと、最後に塗布したところに時間差って・・・?ことになるよねぇ。

適切なペーハーに戻せていない
 薬は、頭皮と毛髪にとっては厳しいアルカリ性だからねぇ。
 それを、頭皮と髪が喜ぶペーハーに戻さなきゃ、
 開いたキューティクルから色素が漏れ出すねぇ。
 研究熱心な美容室は、この部分に秘密を持ってやってることが多いようだ。

お客様は「お疲れ様でしたぁ~」ってカラー後のシャンプーが終ったときの
自分をすすいだ水が透明だと思ってるでしょう・・・

カラーシャンプーのすすぎの水を透明に出来る美容室の方が少ないかも・・・
お客様は、見えないだけ・・・

だから、冒頭の美容師のように何回もシャンプーすることになっちゃうんだねぇ。それでも止まらないけどねぇ~
だいたい、薬漬けになっていた頭皮を何回もゴシゴシ洗うのはイカンのであります。
頭皮は悲鳴をあげてるに違いないのであります。

今度、美容室で染めるときに、こっそり時間を計ってみたら面白いよぉ~
何色か使う事があるけど、目安は1色で10分以内だなぁ~
それ以上になると、ハケに付いた薬の色がどんどん変わっていくぜぇ~
そしたらOUT~
スポンサーサイト



  1. 2014/06/09(月) 07:00:00|
  2. カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<難しい・・・カメラ | ホーム | お祭り?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cutperm.blog.fc2.com/tb.php/884-6c287af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メタボリックパーマ屋

Author:メタボリックパーマ屋
1962年生まれのおっちゃんです。札幌で美容室を営んでいますが、今まで知らない人に美容師と見破られたことがありません。若い時からスタイルも顔もイケていないことを自覚していたため、技術に特化してやってきたつもりなので、仕事は「まあまあ出来る方かな」と勝手に思っている、ちょっと自信過剰ぎみな、おデブな美容師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (277)
自分 (64)
デブ (42)
お店 (178)
社会 (589)
パーマ (23)
炭酸泉 (23)
休み (92)
美容業界 (205)
プロ野球 (43)
カラー (53)
縮毛矯正 (88)
お客様 (65)
自然 (53)
芸能 (111)
グルメ (102)
ヘアケア (92)
スポーツ (111)
コスメ (7)
買い物 (128)
北海道 (248)
事件 (25)
年代 (102)
釣り (76)
旅 (10)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR